2016年05月05日 配信

5/5(木)東船橋にやきとんの店「酒楽家 あま野」

日本酒は全国の酒蔵から仕入れ

160502DSC_2137.JPG  
   

 JR東船橋駅南口を出て直進し、県立船橋高校手前に、夫婦で営むやきとん酒場「酒楽家 あま野」(船橋市東船橋1-15-9、TEL 047-407-0304)がオープンして既に5カ月がたった。

 1階は4人掛けテーブル1卓に2人掛けテーブル3卓があり、2階は座敷で4人掛けテーブルが7卓ある。宴会での利用もできる。

 店主の天野清次さん(42)は船橋市前原の出身。それまでは寿司職人として北習志野で働いていたというが、自分の店を持ちたいと考えた時に、東船橋に商店会がないことから、地域活性化の願いも込めて地域密着でこの地に開店することを決めたという。

 「やきとんは埼玉県が由来のようですが、焼き鳥の焼き豚バージョンです」と話すのは妻の千恵子さん。「業者が近くにいるので、朝引きの豚を夕方には仕入れ提供できます。冷凍品などは一切使っていません」とも。料理はグランドメニューのほかに毎日「本日のおすすめ」を用意。

 日本酒は全国の酒蔵と直接取り引きをし、豊富な種類をそろえる。「山形県の『十四代』や静岡県の『磯自慢』など、日本酒好きならよく知っている銘柄ですが、都内の半値で提供できます」と千恵子さん。「愛知県の渡辺酒造から関東ではここだけしか仕入れていないレアな酒『平勇(ひらいさみ)』もあります」

 営業時間は17時~翌4時(第2・第4日曜は24時)。第1・第3日曜定休(予約の場合のみ営業)。

160502DSC_2155.JPG 160502DSC_2159.JPG
160502DSC_2131.JPG 160502DSC_2133.JPG
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ