2016年04月02日 配信

4/2(土)船橋市のPRドラマ「特案係」」を見ようの会

船橋を好きな人の交流会4月26日開催へ

 

tokuankakari.jpg  
↑第4回の特案係ワンシーン  

 船橋市が市内の映像制作会社キロックムービーに製作を依頼している公式PRドラマ「船橋市役所特案係」を見た青年経営者が「特案係をもっと多くの人に知ってもらいたい。船橋好きな人たちで一緒に観よう」と4月26日、市内の居酒屋を借り切って交流会を実施する。

 船橋市役所特案係のリリースが始まったのは2015年2月16日から。船橋市役所が市内の魅力あるスポットを全国や世界に効果的に発信し、観光客を誘致するためにPR映像を制作、動画投稿サイトのYoutubeなどを通じて配信している。

 PRビデオは、船橋市役所内の架空部署「特案係(特殊案件発生時例外行動特別認定処理専門係)」に異動になった女性職員・観名光(かんなひかり)が、特案係の同僚で船橋通の職員・御船橋之介(みふねはしのすけ)と一緒に船橋市内の見どころを回るドラマ仕立ての設定。

 ドラマには、船橋市内で活躍する著名人や市民、経営者らが毎回多数登場し船橋の良いところを紹介する。もちろん、松戸徹市長も謎の人物「ミスターM」として登場、ミステリアスな役回りを演じている。

 初回の再生回数は1万3000回を越え、2回目が約7000回。3回目で2800回程度、今回リリースの4回目は4月2日現在で3000回を超えた程度。

 各回15分程度のショートドラマになっているが今回リリースされたもので第4回となる。この特案係を見て「船橋市の事をもっと好きになれる。多くの人に見てもらいたい」と今回の企画を発案したのは市内でガジェットPCスクールを経営する芹川隆さん。

 「せっかくのPR映像なのに、僕の教室に通ってきてくれている人は知らない人の方が多かった。もっと多くの人に見てもらいたい。せっかくなので、交流会のような形にして船橋に興味のある人とつながっていきたい」と趣旨を話す。

 開催するのは4月26日、西船橋駅近くで西船橋の名物ドリンク「小松菜ハイボール」を提供するフナバシ屋(船橋市西船4-23-10)を会場として19時からを予定している(会場が変更になる場合もあり)。

 当日は大型のスクリーンを店内に設置してプロジェクターで第1回から4回まで全ての回を視聴する。今回の定員は20人~30人程度を予定。

 

 「特案係を観ようの会」参加申込み受付は、ガジェットPCスクール。TEL047-411-9371。

船橋市役所特案係YouTubeページ
https://www.youtube.com/channel/UCZt_ah3AyUyTgduQcLegn2g

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ