2016年02月25日 配信

2/25(木)高齢者の買い物支援「宅配ガイドマップ」

船橋市が高齢者の買い物支援、県内初の取り組み

IMG_4554takuhaigaido.jpg IMG_4558takuhaigaido.jpg
   

 船橋市が買い物に困っている高齢者支援に「宅配ガイドマップ」作成、3月15日より高齢者世帯を中心に配布を開始する。

 「宅配ガイドマップ」はA4サイズのフルカラー40ページ、今回は9万部を制作。表面は反射をおさえ、鉛筆などでも簡単にメモ書きを記入する事が出来るマットコート仕様になっている。宅配を行っている市内の店121店舗が掲載されており、船橋市内を東西南北中央の5エリアに分けて掲載。各エリアごとに周辺の店舗を紹介している。

 担当部署の高齢者福祉課では、「船橋市は都市部なので宅配を行っている店舗が地方の農村地帯に比べると充実している。しかし、多くの高齢者がこれらのサービスの存在自体知らないのではないかと考えマップの作成に踏み切った」と話す。

 船橋市によると、人口およそ62万人に対して65歳以上の高齢者が約14万3000人(約23%)。独居の高齢者が3万5000人余り(約5.6%)、高齢者のみの世帯は2万9000世帯を超えるとしている。急速な高齢化を受け、高まるニーズに対応する形でマップを制作した。

 スーパーマーケットや生鮮食料品、日用雑貨の店が多く掲載されており生活に密着した情報が満載だ。各店舗の情報は、店頭注文の可否、電話注文の可否が見やすいように大きなアイコンで紹介され、取扱品目も精肉、野菜・青果、鮮魚、米・酒、その他食料品、日用品、薬という7つに分類されており、それぞれがアイコンで表示されている。

 店舗住所や、電話番号、営業時間と定休日に加え配達時間、受付時間、配達の条件、配達地域、配達料金などのデータも網羅されている。

 また、船橋市内で宅配を行っているくすりの福太郎21店舗とセブンイレブン52店舗に関しては先に紹介したスーパーや日用雑貨の店とは別にページを割いて分かりやすく掲載した。通常であれば全額市の持ち出しで制作する事業になりがちなマップに珍しく、各エリアの欄外、表周りには近隣企業や店舗からの協賛広告を掲載。これらの広告料金で印刷編集、配送に関わる料金の一部を賄っている。

 尚、船橋市高齢者福祉課では精肉、野菜・青果、鮮魚、米・酒、その他の食料品、日用品・雑貨、医療品の7品目を店頭もしくは電話で注文可能な宅配ガイドマップの掲載店舗を紙面を通じ募集している。問合せ047-436-2352(高齢者福祉課)。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ