2015年03月24日 配信

3/24(水)千葉県警の職員採用ポスターにふなっしー

県内警察署の傾向に合わせサブカル嗜好で

IMG_4147keisatuposuta-.jpg  
   

 千葉県警察本部(千葉市中央区長洲1-9-1)が、平成27年度警察官募集用ポスターにふなっしーを、同パンフレットに市川市内在住のマンガ家・本宮ひろ志さんの描いたオリジナルイラストを採用したことを3月24日発表した。

 今回、採用試験の日程を通知するポスターにふなっしーと本宮ひろ志さんのイラストを用いたのは、採用試験の日程や予定人数、募集活動の開始期間などを効果的に広報することで、優秀な人材の確保を図ることを目的としている。

 特にふなっしーを起用した理由について「今年の年頭視閲や昨年度の募集活動応援大使としての実績、自分がどんなに辛くても皆を笑わせ日本を元気にしたいという信念のもと、被災地に趣き無償で活動する、時に自己犠牲を伴う姿が警察活動に通じるところがあること」と、発表した。

 パンフレットは「無鉄砲(やんちゃ)な君も大歓迎」というキャッチコピーとともに表紙に本宮ひろ志さんの描いたオリジナルイラストを掲載。上着のボタンをはずし、制服を着くずした既存イメージの警察官とは一線を画した人物が警棒を振り上げ、ジャンプしている躍動感あるものを起用した。

 また、裏表紙には県警本部前に停められたパトカーを前に制服警官と私服刑事をイメージした人物のイラストも掲載。私服刑事はネクタイを風になびかせ、本宮マンガ特有の無造作ヘアスタイルの人物。いずれもこれまでの堅いイメージから脱却した新しい警察官採用試験への意気込みを感じられるものになっている。

 千葉県内の警察署は、全国の警察に先駆け千葉西警察署で振込め詐欺撲滅キャンペーンキャラクターに「テニスの王子様」、松戸市内の警察署で「地獄先生ぬ~べ~」や、同市防犯協会では「萌えキャラ」を採用するなどサブカルチャーと呼ばれる種類の若者に特有の分野を積極的に取り入れている。

 募集ポスターはA4サイズが1万枚、B2サイズが4000枚。本宮ひろ志さんのイラストパンフレットは2万5000部を印刷。ポスターやチラシは、平成27年3月17日から千葉県内39警察署等で掲示、パンフレットと一緒に配布する。

 警察官の採用予定人数は昨年対比で65人増員の550人。千葉県警察官の条例定員が50人増員になることから昨年対比での増員となった。千葉県警察の応募者数は、平成23年の7372人から昨年の4907人まで4年連続で減少傾向にある。

 県内での試験は5月と9月の2回を予定している。また、県外の共同試験は8月上旬から12月中旬までの間に実施を予定している。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ