2014年11月28日 配信

11/28(金)御成街道400年記念ウォーキング

家康が船橋に泊まった日に歴史を学ぶ 

 141128onari3.JPG   
   

  京成船橋駅(船橋市本町1)から御成街道をメーンに「御成街道400年記念ウォーキングイベント」が11月25日開催された。

 

 主催は市民団体「ふなばし街歩きネットワーク」。御成街道が造られてから400年経つのを記念して行われた同イベント。起点の西向き地蔵尊から日枝神社まで約2キロ、2時間の街歩きが行われこの日は21人が参加した。

 

 同街道は徳川家康が慶長18年(1613年)1212日に佐倉藩主・土井利勝に命じ97か村を動員、翌年16日に完成させた東金までの約37キロの道。

 

 東金御成街道とも称され、現在もそのほとんどが残っている。完成の翌年(1615年)1125日に家康が船橋に泊まったと伝わってきていることから、この日の開催を決めた。

 

 企画を発案した案内人の仲村章さんは「御成街道は軍用道路、大名支配、民を動員した軍事演習の意味があり、東金に鷹狩に行くためだけではない」と街道の目的を説明。

 

 船橋御殿は以前、約4ヘクタールもあり、本町通り近くにある現在の東照宮はその中心地といわれる。家康や次の将軍秀忠も宿泊したことがあるとされる場所だ。この日は、船橋や海老川の名の由来に加え、西福寺・船橋大神宮のある宮坂で戊辰戦争の一つである市川・船橋戦争があった際、多くの死傷者が出たなどが説明された。

 

 また、船橋大神宮は徳川幕府と深いゆかりがあり、多大な寄進を受けていたが、同戦争で社殿や文書の多くが焼失した事なども説明され、参加者は熱心に耳を傾けた。

 

 日枝神社境内の下宿自治会館では船橋市観光協会会長の大野一敏さんによる「家康公と船橋・三番瀬」を聴講し、家康の軍事戦略についてレクチャーを受けた。

 

 「街道の名前は知っていたが、その詳しい内容は把握していなかった。地元を知る良いきっかけになった」と参加した隅田雅行さん。

 

 街歩きネットワークは、船橋を市民に広く知ってもらい船橋が好きな人を多くしようという思いから4年前に設立。街歩き案内人(ふるさと案内マイスター)は現在、60人を越し、昨年のイベント参加者は1000人に迫る勢いだという。「新しい構想・アイデアで企画を立てている」と中村正董会長は話す。

141128onari1.JPG 141128onari2.JPG
141128onari4.JPG  141128onari5.JPG

 

 

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ