2014年01月09日 配信

1/9(木)津田沼パルコにJリーガー玉田圭司選手のフットサルコート

背番号にちなんだ1月11日グランドオープン

tamada-500x289tamada.jpg  
   

 元日本代表で名古屋グランパス所属のJリーガー玉田圭司選手が初めてプロデュースするフットサルコート「KT ESTADIO」(船橋市前原西2-18-1 TEL047-403-0311)が1月11日、津田沼パルコ6階にオープンする。

 玉田選手の出身地は千葉県浦安市。市立習志野高校の卒業生で、学生時代に馴染み深い津田沼駅前に、代表時代の背番号「11」にちなんだ1月11日にオープンさせる。コートは23メートル×14メートルの屋外フットサルコートが2面。ナイター照明設備を完備している。また、クラブハウスには男女の更衣室をそれぞれに用意している。

 同コートのコンセプトは「コジアケロ」。フットサルという誰もがゴールを狙えるスポーツで、日本を代表するストライカーの姿を体現できるようなコートを目指し、3月には、小学生を対象にしたサッカースクールも開設予定だ。

 

 「KT ESTADIO」について玉田選手は、「今回、自分の地元である千葉で、フットサルコートをプロデュースできることを非常に嬉しく思っています。3月に開校予定のジュニアサッカースクールでは、次のサッカー界を担う選手を育成できればと思っています。コートで多くの皆さんに熱いプレーを楽しんでいただきたくさんのゴールをコジアケて頂きたい」と、コメント。

 

 営業時間は、10時~23時。パルコ休館日は休業。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ