2013年07月17日 配信

7/15(月)西船橋に親子カフェ「Hedgehog the Rainbow」-子育てママが運営

子どもと一緒に遊べる・学べる場所として

IMG_2725hejjihogguzareinbou.jpg  
   

 

JR西船橋駅南口、フローラ西船近くのビルに親子カフェ「Hedghog the Rainbow(ヘッジホッグ・ザ・レインボー)」(船橋市葛飾町2-380-5 TEL047-432-4085)が719日にオープンする。

 

名前の由来は、同店オーナーの村井玲子さん(39)が、はじめての子育てで接した赤ちゃんの印象から名づけた。「とってもかわいくて触りたくなるけど、全身で拒絶する様子が『はりねずみ』(=ヘッジホッグ)のようだったんです」と、村井さん。

元事務職の村井さんは、出産後初めて育児と向かい合い、子育てママを取り囲む過酷な現状に気が付いたという。「子どもを連れてゆっくりお茶を飲むカフェが無い」、「子連れだとどこに行っても気を使ってしまうだけで寛げない」。こうした思いから「子連れで参加できて、自然に友達が出来てしまうような場をつくろう」と起業に踏み切った。

 

店舗面積は、33坪。店内には、おもちゃ美術館の協力で集めた約30種の知育玩具や木のおもちゃが常設されており利用は自由。定員は30人まで。利用料金は03才の児童が無料。4才からは1390円。付き添いの大人は1人目が680円で1時間ごとに300円の追加料金がかかるが、2人目は1日いても680円。3人目の付き添いは1人目の大人と同料金。

 

親子カフェと名づけられてるが、いわゆる「一般的なカフェ」とは一線を画しており、ケーキセットやドリンク、ランチメニューは一切提供しない。利用者が持ち込みで勉強や交流の場として気軽に「カフェ感覚で利用してもらおう」というところから「カフェ」の名を冠したのだという。

 

事業は、大きく分けて3つ。子育てママ同士が交流を目的として使用する「滞在」と、子どもと一緒でも学べる「レッスン」の場。最後に、友人や親類などと利用できる「パーティー」会場としての利用を視野に入れる。

 

ほぼ毎日のようにレッスンや趣味の教室を開催し03歳児の子育てママをメーンターゲットに「赤ちゃんが学べる脳力開発」や「赤ちゃんと一緒に学べるレッスン」「ママを対象としたレッスン」の3コースを用意する。「パーティー」会場としては、ケータリングサービスを提供する企業と提携した「お食い初め」や「七五三」「誕生日」などの記念日や「仮装パーティー」などの自主企画も視野に入れる。

同店の運営は、村井さんと40代のパート女性での2人体制。「オープンに際してもう一人くらいスタッフが居てくれてたら心強いのですが…」と語る。「色々と募集広告を出しているのですが、子育てのベテランさんになかなか届かないようで」とも。オープンは19日、万全の状態でその日を迎えるため奔走する。

IMG_2684hejjihogguzareinbou.jpg IMG_2686hejjihogguzareinbou.jpg
   
IMG_2697hejjihogguzareinbou.jpg  
   

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ