2013年07月06日 配信

7/6(土)宮本小学校で「宮小バザー」

宮小PTA非公認のご当地キャラも初登場

miyashoubaza- 004.jpg  
↑父母と教師の会会長の川﨑敬民さん  

 今年創立から135周年をむかえた宮本小学校(船橋市宮本7-10-1 TEL047-422-6187)のイベント「宮小バザー」で、父兄が考えたご当地キャラ「ジャンボ君」が披露された。

 同イベントの主催は、「宮本小学校父母と教師の会」。会員相互の親睦を深め、児童の教育活動推進の為に必要な収益金を集める事を目的にし、これを通じ地域とのふれあいを深めてきたイベント。初回の開催は、昭和23年で今回が65周年目となるが、途中やむを得ない理由で開催できなかった年もあるという。

 創立135周年と、宮小バザー65周年の節目を記念して「何か記念になるような事はできないか」と、父母と教師の会が同小学校のシンボルをモチーフに「ジャンボ君」を考案した。「今後、学校のイベントで活躍してもらいたい」と父母と教師の会・会長の川﨑敬民さん。「まだ、PTAの総会で可決されていないので今は『非公認』です」とはにかんだ笑顔で語った。

 デザインを書き起こしたのは、河内裕子さん(37)。「低学年は危ないからと、学校の決まりで3年生まで滑ることの出来ない、あこがれのジャンボすべり台がモチーフ」とジャンボ君考案のきっかけを語る。

 ジャンボ君はすべり台の妖精で「かねてから宮小児童の前に登場したかったのだけれど、自分なんかが出て行っていいのだろうか」と悩み続けていたという設定。そこに昨年から現れた「ふなっしー」の活躍を見て「人前に出る勇気をもらった」のだという。

 しかし、「人見知りな性格」のようで、実体はまだなく、この日のお披露目も絵に書いた2次元の姿のみ。「みんなの思いがたくさん集まったら、さわることのできる実物が登場できるはず」と河内さん。

 

 宮小バザーでは、父母によるだんご、おにぎり、カレーライス、チョコバナナなどの模擬店やゴキブリ退治ゲームや、ストラックアウトなどのゲームコーナーを約30店開設。およそ1000人の児童及び近隣住民が訪れた。

miyashoubaza- 014.jpg miyashoubaza- 017.jpg
miyashoubaza- 020.jpg miyashoubaza- 026.jpg
miyashoubaza- 027.jpg miyashoubaza- 029.jpg
miyashoubaza- 033.jpg miyashoubaza- 036.jpg
miyashoubaza- 038.jpg miyashoubaza- 044.jpg
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ