2013年01月13日 配信

1/13(日)第58回千葉県青少年読書感想文コンクール

県内23万6000応募作品の頂点に

P1380648kannksoubun (4).JPG  

↑教育長賞受賞の浦辺瞳さん(11)(写真右)

 最優秀賞受賞の山﨑航大さん(10)(写真左)

 

 第58回千葉県青少年読書感想文コンクールで23万6千点の応募の中から船橋市の児童が2人が最高賞と最優秀賞を受賞した報告に11日、船橋市役所(船橋市湊町2-10-25)を訪れた。

 今回受賞したのは飯山満小学校6年生の浦辺瞳さん(11)と、咲が丘小学校4年生の山﨑航大さん(10)。浦辺さんの作文「言葉を超えるもの-心の森-」が同コンクールの最高賞である県教育長賞を受賞。山﨑さんの作文「チロリが教えてくれたこと」も、それに続く最優秀賞を受賞した。

 言葉が通じない二人が交流し成長していく作品「心の森」についての感想文を書いた浦辺さん、課題図書を決めるにあたって2ページを呼んだ時点で「この本は素晴らしい」と直感し即決したという。教育長賞受賞に関して「表彰式で盾を受け取るまで実感できませんでした」と語った。

 この後、2人の作文は第58回青少年読書感想文全国コンクールに千葉県代表として出展され選考を受ける。

P1380648kannksoubun (3).JPG P1380648kannksoubun (2).JPG
↑終始緊張した様子の浦辺さん。

↑飼い犬についてうれしそうに語る山﨑さん(写真左)。

P1380648kannksoubun (5).JPG  
   

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ