2012年07月19日 配信

7/19(木)延長11回大熱戦、逆転ならずドロー

試合後には選手とのふれあいイベントも

2012719cap06.jpg  
   

 6/17(月・祝)イースタンリーグ・ファイターズ-ベイスターズ戦が鎌ケ谷市のファイターズタウン(千葉県鎌ケ谷市中沢459 TEL047-446-5586)で行われた。この日、ファイターズは前半戦最後の試合となる。

 ファイターズ先発は一年目の上沢 直之投手。序盤はランナーを背負いつつも粘りのピッチングで切り抜ける。しかし1-1で迎えた4回表ランナー1,2塁の場面、ベイスターズ 一輝選手のタイムリーで1-3とされたところでマウンドを降りた。

 5回表には3番手 土屋 健二投手がベイスターズ北 篤選手から2失点、1-5とされる。一方の打撃陣はベイスターズ先発 眞下 貴之投手の前に6回まで2得点に留まった。
 しかし5-2で迎えた7回裏、尾崎 匡哉選手のソロホームランで1点を追加、更に8回裏には石川 慎吾選手のタイムリーツーベースで同点とし、試合を振り出しに戻す。

 9回表、6番手で登板した大塚 豊投手がベイスターズ飛雄馬選手のタイムリーで6-5と再びリードを許すも、その裏には鵜久森 淳志選手の10号ソロで同点とし、試合は延長戦にもつれ込んだ。引き続きマウンドに上がった大塚投手は10回は三者凡退に抑えると、11回に登板の7番手 根本 朋久投手も無失点で切り抜けた。
 しかし打撃陣に「あと一本」が出ず、6-6の引き分けでゲームセット。前半戦の最終戦を白星で飾ことは出来なかった。
 試合終了後には選手との「ふれあいイベント」が行われ、ベンチでの写真撮影やグラウンドでのキャッチボール、ちびっ子野球教室など様々なアトラクションに多くのファンが参加した。

 ファイターズは16日終了時点で32勝33敗4分で4位、首位マリーンズとは6.5差となる。

(山本)

2012719cap04.jpg 2012719cap10.jpg
4回表終了後のシャワータイム。涼を求め多くの人が 試合後の「ふれあいイベント」では、大勢のファンが時間の許す限り楽しんだ
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ