2018年05月21日 配信

5/21(月)三番瀬海浜公園で「ふなばし三番瀬マルシェ」
船橋の特産品を集めたマルシェを同園初開催

 潮干狩りがシーズンを迎えているふなばし三番瀬海浜公園(船橋市潮見町40番、TEL 047-435-0828)で「ふなばし三番瀬マルシェ」が5月20日、初開催された。

 同企画は、船橋の特産品を扱う店舗が9店舗、キッチンカーやテントなどで臨時出店し、来場者が手軽に船橋の特産品を使用したグルメを味わえるというもの。今回出店したのは、次の9店舗。「御菓子司 扇屋」「キムラ食品」「コンパーレ・コマーレ」「酒楽家 あまの」「アルトポンテ」「魅惑の調味料店 ZUCI(シュチ)」「三番瀬みなとや」「ふなばし産品ブランド協議会」、市内農家による船橋産野菜の販売。

 会場は、公園内の噴水広場周辺。潮干狩りシーズン中の同園では、潮回りの関係で、同日は午後から潮干狩り開催となっていた。早めに来場した潮干狩り客が、昼食用にホンビノス貝のフライや浜焼き、船橋産の小松菜やホンビノス貝を使ったピザ、ラップサンド、焼きそばなどを買い求めた。

 市内芝山から来たという30代女性は「扇屋さんのお店は知っていたが、アサリの佃煮が入った和菓子があるのを、今日ここで初めて知った」と話し、松戸市から家族と来たという30代男性は「焼き立てのピザが買えてうれしい」と笑顔で話した。

 また、店頭で流れていた船橋市在住シンガー・高橋涼子さんのホンビノス貝の歌「ホン・ホン・ホンビノス♪」を聴いて「ホンビノス貝の歌があるなんて知らなかった」と驚いていた。

 同園広報の大谷雄一郎さんは「船橋の農産物や海産物の魅力を知ってもらえるイベントを何かしたいと考え、今回、同園開園以来の特産品を販売するマルシェを開催する運びとなった」と話す。また「このマルシェで来場者数を増やすというよりは、潮干狩りなどで来場してくださった方にこのマルシェを利用していただき、船橋のさまざまな特産品などを知ってもらうきっかけになれば」とも話した。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
船橋大神宮で恒例の「ふなばし朝市」、新鮮な野菜や地元食材のメ... 2/11(日)船橋大神宮で恒例の「ふなばし朝市」 新鮮な地元食材に開始前から大行列    船橋市の主催する「ふなばし朝市」が2月10日、船橋大神宮(船橋市宮本5-2-1)境内で行われ、開始前から多くの来場者でにぎわいをみせた。  同朝市は平成22...
船橋アリーナでBリーグ初の公式トーナメント戦「B. LEAG... 8/31(木)船橋アリーナでBリーグ初の公式トーナメント戦「B. LEAGUE KANTO EARLY CUP 2017」 船橋のなしの無料配布も    千葉ジェッツふなばしがホームアリーナとしている船橋アリーナ(船橋市習志野台7-5-1)で...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ