2018年05月09日 配信

記念撮影。左から松戸徹市長、上山廉太郎選手、松本文化教育長

5/9(水)「第1回船橋市文化・スポーツ大会出場激励会」
市立船橋高校体操競技部がNHK杯へ

 船橋市役所(船橋市湊町2-10-25)で5月9日、体操の全国大会「第57回NHK杯」に出場する市立船橋高校体操競技部の上山廉太郎選手(3年生)と安達太一選手(2年生)を激励するため「平成29年度第12回船橋市文化・スポーツ大会出場激励会」が行われた。

 市役所を訪れたのは、上山選手と校長の石渡靖之さん、体操競技部顧問の神田眞司さん。安達太一選手は都合により出席できなかった。

 上山選手と安達選手は4月27日から29日、市立船橋高校OBの谷川翔選手が初優勝を果たし、かつ内村航平選手の11連覇を阻止したことで注目された「第72回全日本体操個人選手権」に出場。「ゆか」の種目で好成績をおさめた。「周りの緊張感を感じながら、高校生らしい演技ができたらなと思っています」と上山くん。

 「NHK杯」は、10月25日から11月3日に東京体育館(東京都渋谷区)で行われる、全日本体操個人総合選手権の成績上位者が出場する体操の全国大会。カタール(ドーハ)で行われる「第48回世界体操競技選手権大会」と8月18日から9月2日にインドネシア(ジャカルタ)で開催される「第18回アジア競技大会」の日本代表選考大会のひとつ。

 松戸市長は市立船橋高校にできた新しい体育館での練習の様子などを聞き、「谷川選手は上山選手が1年の時の3年生だよね。これからオリンピックを目指してしのぎを削っていくわけですが、いい環境でトレーニングができて、3年生として後輩の指導はもちろん、今後も結果を出してくれることを期待しています」とエールを送ると共に、大会出場激励金を手渡した。

 

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ