2016年12月20日 配信

12/20(火)船橋市が2016年の 10 大ニュース発表

1位は「西図書館のリニューアルオープン」に決定!

nisitoshokan2  
   

 

 船橋市が2016年に起きたニュースの中から選出した「今年の 10 大ニュース」を発表し、1位は「船橋市西図書館のリニューアルオープン」が首位に輝いた。

 10大ニュースとは、「市民に喜ばれ、生活に役立つもの」「市民にとって地元船橋に対する愛着や地元愛を育むもの」「市民に感動や勇気、誇りを与えるもの」「市外に広く船橋を PR するもの」などに該当するニュースから選出。広報課全職員21人がそれぞれ1位から10位までを選んだものを集計し10大ニュースとした。「今年はさまざまな分野で大きなニュースが沢山ありました。その中でも西図書館がリニューアルオープンというニュースを上位にあげた職員が多かった」と、広報課の森さん。

 1 位の「震災から 5 年。船橋市西図書館が念願のリニューアルオープン!」は、2011年3月の東日本大震災で被災した西図書館が移転(現住所:船橋市西船1-20-50)し10月21日にオープンしたニュース。移転リニューアル後の同館には、約 21 万 7000 冊の蔵書を揃え、各種講演会等を行う多目的室や、セルフ予約で手軽に使用できる学習コーナーを設置。平日は火曜~金曜は20時まで(土日祝は17時)開館している。月曜休館。

 2 位 には「船橋の児童・生徒たちが文化・スポーツの分野で日本一」。船橋市内の小中高は、スポーツや音楽など各方面から全国大会に入賞している。2016年度では、市内にある10校の学校が、体操やサッカー、陸上、音楽などで、個人団体含め数多くの全国優勝を勝ち取った。

 3 位 は、「船橋駅南口が活性化!インフォメーションセンター開設、デジタルサイネージと無料 Wi-Fi の整備」がランクイン。3月31日にはJR 船橋駅南口エリアには無料 Wi-Fi の整備を、船橋駅前歩道橋に 6 基 12 面のデジタルサイネージを設置。6 月 30 日にはセブン-イレブン・ジャパンと連携し、セブン-イレブン船橋駅南口店に船橋市インフォメーションセンターをオープン。専属スタッフによる船橋の案内や、観光情報に関する冊子等の配架、ふなばし産品ブランド認証品のディスプレイなどを開始している。同店は年中無休。24時間営業。

なお、4位以下は下記の通り

4 位 =開園 20 周年を迎えた「ふなばしアンデルセン公園」が来園者 1,000 万人を達成

5 位= 「船橋市高瀬下水処理場上部運動広場」がオープン

6 位 =「日本最高峰の二つのスポーツチームと連携強化!ラグビー「クボタスピアーズ」と連携協定締結、バスケットボール『千葉ジェッツ』は来季より『千葉ジェッツふなばし』に改称決定」

7 位= 「シルバーリハビリ体操の普及や認知症対策など地域包括ケアシステムが着実に前進」

8 位 =「子どもたちの提言を市政に反映!“公園でボール遊び”実現に向けて試行」

9 位 =「アメリカ合衆国ヘイワード市との姉妹都市提携 30 周年」

10 位= 「船橋のまちづくりがフランス政府の住宅・持続的居住省より『エコカルティエ認証』(環境配慮型地区認証)を取得」

 森さんは「来年は市制80周年を迎える船橋市。2017年も市民の皆様にお役立て頂けるニュースを沢山お届けできると思います」と話した。

itifunahyoukei sebunirebun
dejitarusaineji supiazu
takasegesuijyou anderusen
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ