2016年10月01日 配信

201610_tadaima_2a.jpg
▲体験は毎週月曜日法典西小学校体育館で行っている。見学も可

代表者/青木 強
会員数/25人
連絡先/090-2302-7079(青木)
活動日/毎週日曜日18:30~21:00
活動場所/旭中学校体育館
HP/http://meiyuclub.web.fc2.com/

室内で楽しめるビーチボールバレーチーム

船橋明遊倶楽部は25年前に誕生。当時、法典地区で手軽にできるスポーツはないかと、現会長で発起人でもある青木強さんらがビーチボールバレーの発祥の地、富山県朝日町に視察に行き、取り入れたのが始まり。メンバーは市内在住の10~60代と幅広い年齢層の男女が集まる。
ビーチボールバレーは、バレーボールのようにコートを使って4対4で競う室内競技。使用するボールは、直径27センチ、重さ70グラムのビニールボールだ。ボールがソフトで軽いため、安全性が高く、子どもから高齢者まで気軽に楽しむことができるという。昨年の「翡ひすい翠カップビーチボール全国大会」で同部は60歳以上の部内で準優勝を果たした。
「試合の時はレベルの違いをメンバー同志でカバーしあっています」と青木会長。
「いつでも!どこでも!だれでも!がモットー。運動経験がなくても気軽に楽しめる」とも。毎年8月に富山で合宿。現地チームとの交流も楽しみの一つ。親子3代や夫婦で楽しむメンバーもいるという。

201610_tadaima_2b.jpg
▲ゲーム形式で練習

201610_tadaima_2c.jpg
▲ネットは高さ180 センチ。バレーボールより低い(右)

201610_tadaima_2d.jpg 201610_tadaima_2e.jpg

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ