2016年01月01日 配信

201601_ggurume_logo.jpg

201601_ggurume_main.jpg

今回は、船橋市のご当地グルメを中心に、船橋で味わえる全国各地のご当地グルメを紹介。船橋の味・ふるさとの味・ 食べて見たかったご当地グルメを堪能してみては?

和食一場一冠 船橋本店
市場から毎日仕入れる鮮魚を使用したメニューが楽しめる、隠れ家的な和食居酒屋。庖内にはいけすも。船橋グルメを発信する飲食庖チーム「船橋F.B.C.Jのリーダーも務めている。
 
すずきめし 1個300円(税別)
地元船橋の食材を使用したメニューを開発したいという思いからうまれた「すずきめしj。船橋が漁獲量日本ーを誇るすずきと、船橋特産ホンビノス貝の出汁で炊いたご飯をライスコロッケにしたもので、三番瀬の海苔とチーズも添えてアクセントにしている。ソースは割り醤油とオーロラソースの2種類をお好みで。
201601_ggurume_01.jpg
中華料理 大輦
約50年続く中華料理屈。船橋ソースラーメンの他、ギョーザ、昔ながらのチャーハンも人気だという。日替わりメニューも充実しており、300円からの一品料理はおつまみにも最適。昔のままの庖舗は赤い暖簾が目印。
 
ハムカツのせソースラーメン 850円(税込)
ハムカツなしのソースラーメン 700円(税込)
戦後、本町付近で生まれ、焼きそばがルーツの船橋のご当地ラーメン。父親の代から受け継いでいるという同屈のソースラーメンは、具には妙めた豚ひき肉、キャベツ、もやしを使用し、ねぎ、青のり、紅ショウガを卜ツピング。鶏ガうや豚骨、野菜でダシをとったスープに秘伝のソースダレを加えたスープは、I癖になる昧わいと、リピーターも多い。
201601_ggurume_02.jpg
パクチー専門店 URA963(ウラクロサン)
白を基調とした明るくモダンな庖内で、昼はラーメンやグリーンカレーなどアジア料理が楽しめ、夜はパクチをふんだんに使用した創作料理が味わえる。オリジナルのパクチサワも人気。
 
ホンビノスラーメン 980円(税込)※ランチは980円でサラダとコーヒー付き
船橋特産のホンビノス貝で夕、シをとったIホンビノスラメンj。あさり節のかえしとホンビチユノス貝の夕、シ汁に鶏油を加えたスプは、さっぱりしているが、貝の旨みがたっぷりで、深みのある昧わい。具材は肉厚でで、大きいホンビノス員と水菜。あお、好みでえることもでで、き、水菜とはまた遣った昧わいを楽しめる。
201601_ggurume_03.jpg
いわし・江戸前水産 ふなっこ
昭和61年、船橋で漁獲量の多いイワシを広めたいとオープン。昨年創業29年目に東船橋駅前に移転し、イワシのほかにも旬の地魚、スズキや生海苔など船橋の特産品料理や地元農家から直送の新鮮野菜も白玉としている。
 
いわしのユッケ 450円(税込)
いわしの刺身 550円(税込)
うずらの圭チをのせたユッケは特製のごま風昧のたれで提供。新鮮な刺身は臭みがなく食べやすい。ほかにもイワシの煮付け、コロッケ、トマト煮込みなど、オリジナルいわしメニューは20品以上。夏は身のしまった真いわし、冬は脂ののった背黒いわしと、旬に応じ使い分けている。
201601_ggurume_04.jpg
伏見屋
二和向台駅から徒歩2分。焼き鳥をメーンとしてオープンし、今年で8年になる。庖頭でも焼き鳥を販売し、国産若鶏にこだわっているという「とり串」は約30種類。単品料理のほかアルコール類の種類も多く、庖内には約40種類の芋焼酎がズラリと並ぶ。
 
期間限定8月~10月頃
梨トニック 470円(税別)
究極の梨 470円(税別)
全国の中でも有数な梨の生産地である船橋の梨を厳選し、賀沢に使用した「梨カクテル」。バニラ風昧に梨本来の甘昧を加え卜二ックウォタで割った「梨卜二ック」。もちもちのタビオカと梨のコンポートをフローズン状にした「究極の梨」(ノンア居長ルコール版もあり)の2種類を同屈で昧わえる。
201601_ggurume_05.jpg
あさりの漁師量が多いころの漁師町定番メニュー
幻の「あさりのふうかし」
漁獲量が何十トンとあった昔。ふつくらとしたアサリが山盛りに入った昧噌汁「ふうかし」は、漁師町船橋の朝食メニューの定番だった。現在は、アサリに代わりホンビノス貝が主流となり、市内の催しなどで振る舞われることもある。
201601_ggurume_06.jpg

市内で全国各地のご当地グルメが昧わえるお店を一挙紹介!

路地裏Dining Mizzo
天沼公園近くの路地裏ダイニング。北海道限定の調味料を使っ た「ザンギ」やIじゃがパタ塩辛のせjなど、北海道ならではのメ二1 が豊富。パテンダー経験もあるオーナーのオリジナルドリンクオーダーも。
 
サッポロスープカレー 980円(税別)
北海道が発症の「サッポロスープカレー」。15種類のスパイスをル買ったさらさらのスープに、素揚げした野菜をのせ、ご飯には目玉焼きとレモンをトッピング。食べ方は、ご飯をのせたスプーンをスープカレーにくぐらせて食べるのがポイント。レモンをごはんにかけて食べるという食べ方も。
201601_ggurume_07.jpg
房総大衆バルダッペヤ
千葉・房総グルメ専門広。メニューは、魚貝類をはじめ、大原のチズ、房総トンテキ、横芝もつ煮などと幅広く用意。県内蔵元の日本酒や焼酎をはじめ、鎌ヴ省の梨のワイン、醤油サイダなども。
 
なめろう 480円(税別)
青魚の漁獲量が多い房総付近の海。漁師が船の上で作るのは、獲れた魚を豪快に叩き、昧噌や薬昧で昧付けした「なめろう」。それを持ち帰り焼いたのが「さんが焼さ」という漁師めしがルーツのご当地グルメ。同庖では、鈴木酢庖のヤマ二酢をかけて食す「九十九里スタイル」で提供している。
201601_ggurume_08.jpg
学一 船橋店
A5ランクの黒毛和牛の雌牛だけを提供し、希少部位も取り揃えている焼肉店。 サシが多くしっとりとした肉は注文が入ってから切り分けるというこだわりも。本店は学一津田沼店。
 
名物!手作り盛岡冷麺 普通盛り 850円(税別)
※ハープ650円(税別)大盛1100円(税別)あり。
強い圧力をかけることでコシとツヤを出す盛岡冷麺の麺。店内で仕込むという同店の自家製麺は、機械を使用せず人の手で力を込めて麺を練り込む。毎日10時間以上煮込んだ秘伝のオリジナルスプは、コクがありさっぱりとした後昧に。卜ッピンクには、白菜キムチ、キュウリのナムル、リンゴ、茄で卵、ネギ、などが添えられている。
201601_ggurume_09.jpg
大阪串揚げ 菊井
店主が丁寧に上げた串揚げを楽しめる店。一品料理の充実しており、裏メニューも。週替わりの焼酎、日本酒はリーズナブルな価格で提供。
 
串揚げ5本セット 1200円(税込)
大阪グルメのひとつ、串揚げ。1本1本丁寧に揚げ、本場大阪と同じくソースは一度付けで。「当屈のはネタが大きく食べごたえもあります」と八田さん。色昧を見ながらじっくり煮込んだ自家製ソース、ピーナッツとからしのソース、オリジナルのあわせ塩などお好みでどうぞ。昧付けした衣を使っているのでソースなしでも。
201601_ggurume_10.jpg
南木商店
とんこつ以外にも醤油系、ブレンド昧も。麺は中麺ちぢれ麺も選べ、麺の大盛りは無料。肉めし、明太子めしなどど5種類から選べるご飯ものがついた昼の定食も人気。
 
とんこつラーメン 680円(税込)
九州の地元で愛されているストレートな豚骨スープで提供する同店。豚肉本来の昧わいを引き出すよう作られたチャーシユーに、九州らあめんには欠かせない半熟玉子やキクラゲ、ネギ、海苔を豪快にトッピング。細麺は粉落としから柔らかめまで選択可。卓上に並ぶ紅ショウガ、ニンニク、ゴマなどは入れ放題。
201601_ggurume_11.jpg
沖縄料理 かじまや~
船橋で本場の沖縄料理が味わえる店。沖縄県出身の常連客も多い。沖縄から仕入れた食材を使用したメ二ュが豊富にそろうほか、100種類以上の泡盛も楽しめる。
 
ゴーヤチャンプル 680円(税別)
沖縄グルメの代表とも言える「ゴーヤチャンプル」。沖縄直送のゴーヤや島豆腐を使い、7種の素材からとったオリジナルのだしを効かせた一品で、常連客から人気が高い。沖縄で修業し、また沖縄出身の母親や祖母の影響で沖縄料理が身近だったという大越さん。地元の人が家庭で食べている昧にこだわって提供している。
201601_ggurume_12.jpg
MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ