2011年11月23日 配信

ども、演出です。

先週仕事で中国はシンセンに行ってきました。

行って来たのです、

が、

ホテルから一歩も出ていません。((( T_T)

資料作りです。

缶詰状態で三泊四日。
部屋とホテル内レストランを往復する日々。

仕事内容的には、「絶対自宅でも対応できたよな」という感じです。

ビックリするくらい、中国じゃなくても良い仕事でした。
本来なら商談の場になるはずだったんですけどね。

現地の仲介者が、オイラの作った資料を英訳してなくて、商談どころではありませんでした。

オーマイガ〜!!ですよ。

とりあえず仲介者にはそれなりの責任を取ってもらわなくてはね。

フフッ。

んで、

これはそんな出張中の出来事。

一緒に行ったメンバーはオイラを含め三人。

Tさん、御年76歳。日本人。
Uさん、28歳。中国人。
オイラ、37歳。日本人。

デコボコトリオです。

資料作りに疲れたオイラ達は、部屋を出て一階のレストランへ移動することにしました。
エスカレーターまでの廊下は狭くて、たて一列に並んで移動。

すると向かいから、ベッドメイキングをする為に従業員が大きな篭を引いて来ました。

先頭はTさん。

従業員はTさんを確認すると、ペコリと頭を下げて挨拶しました。

「こんにちわ。」

次はUさん。

従業員はUさんを確認すると、再び頭を下げて挨拶しました。

「こん・・・・ニーハオ。」

3人の集団が同じ日本人だと思ったのでしょう。
一度は日本語で挨拶しかけましたが、Uさんが中国人だと判断すると中国語での挨拶に切り替えました。

そしてオイラ。

従業員はオイラの顔を確認し、みたびペコリと頭を下げて、

「ニーハオ。」と挨拶しました。

ちょっと待てコラ。( ̄△ ̄#)

今オイラの顔、確認したよね?

見たよね?

何で一瞬の躊躇もなく

中国語やねん!!

ええ、そりゃもう3人で大爆笑さ!!

ってなことをオイラが経験している間、劇団はいつも通り練習。

明男さんの演出の元、役者達はベテラン・新人問わず頑張っております。

明男さん的には今回、くみちゃんとかべちゃんに成長してもらいたいようです。
要求レベルが今までとは違い相当高いと思います。
もうオイラの過保護演出では無いので、くみちゃんなんかは苦労するかもしれません。

最初は明男さんが何を言っているのか分からないかもしれません。

でも、

日々考えて練習していれば分かってくるもんです。

考えていればね。( ̄(エ) ̄)

明確な答えばかり他人に委ねていたら、そこから先はありません。

いえ、

そもそも、

「聞けば答えがもらえる」と考える事が間違いなのかもしれません。

立ち止っている時間はありません。
成長あるのみです。

伸びしろはまだまだあるのですから。

そして、十夢のおじいちゃんはハラハラするのです。

うむ。

劇団十夢−TOMU−
【活動内容】
・十夢主催の自主公演
・持ち込み企画による企画公演

※お問合せはホームページからお願い致します

【団員募集中!】
初心者だって大歓迎!!
30代中心のアットホームな劇団です!
お気軽に見学に来てください。
一緒に楽しく舞台を創りましょう!!

ちょっとだけ「勇気」を出してください。

『未経験者だから・・・』 『もう年齢的に厳しい?』

『取り柄が一つも無いから』 『うまくやっていけるか不安』

こう思っている方はきっと多いと思います。
でも、ちょっとだけ、
ほんのちょっとだけ勇気を出してみてください。

何も気兼ねなんか要りません。
「遊びに行ってみよう!」と思うだけでいいのです。

劇団に入る・入らないはその後!
続くか続かないかの心配は更にその後!

そして、「うまくやっていけるか」の心配は・・・。

まずは私達を見てください。
私達はプロではありません。
誰に強制させられているわけではなく、
好きだから芝居を続けているのです。
でも、強制されていないからこそ、
一緒に芝居を創る仲間を大切にし、
時には楽しく笑って、時には悩みを相談したり、
同じ時間を共有できる喜びを持っています。

「誰か」と「何か」を創る喜びは、
本当に特別な時間です。
この喜びは、アナタの人生をもっともっと輝かせることでしょう。

私達は、待っています。
一緒に喜びを分かち合える仲間を待っています。
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

市民活動ブログ

市民活動ブログ一覧へ