2015年10月23日 配信

ども、演出です。

第10回公演の終了から約10日が経ちました。

公演終了後、

レベルアップしたステージを求め旅立つ者。

自分の本当にやりたい方向性を求めて新しい場所を探す者。

十夢での経験を元に向かうべき・やるべきことに集中する者。

様々な理由で退団していった者が数名。

新天地を求める姿はとても逞しく、心から応援したいと思います。

表向きは(笑)

ぶっちゃけ言わしてもらえれば寂しいですよ。

本当に、心がキリキリするくらい寂しいです。

退団を聞いてから3日間はろくに寝れませんでした。

退団してしまった役者と話した事や、笑った顔、真剣に練習に取り組む姿などが頭に浮かんできて、「もっと上手く教えてあげられてたら・・・」とか、「もっと演出してあげてれば・・・」など後悔ばかりです。

勿論、もっと上手く教えていても、演出をしていても、「先に進みたい気持ち」というものは押さえられるものではありません。

オイラも、寂しいとはいえ、引き止めたいとかそういう事で後悔している訳ではありません。

ただ、「先」に行くのであれば、それまでに教えてあげられることがもっとあったんじゃないかって。

色んな人がいる中で、ずっと一緒に芝居を作っていくなんてのは無理な話ってのは分かっています。

でも「分かっている事」と「納得できる事」はまた別問題です。

我侭を言わせてもらえれば、後2〜3本は一緒に芝居を作りたかった。

一緒に十夢の看板を背負ってたかった。

そう思えるのは、皆、十夢にとってそのくらいの存在であったという事です。

十夢は所属団員数は多いですが、本当に一人一人を家族のように大切にしています。

それは団長と副団長の包容力の成せるワザですね。

家族のように大切にしているので、

だから、

当然イケない事・悪い事は叱ります。

十夢の方向性と違うことをすれば叱ります。分かって欲しいから。

一緒に居たいと思うから叱るんです。

そして、叱るだけでなく、一人の一つの成長を皆で喜び、一人の小さな悩みを共有します。

家族以上の家族のように。

大切な大切な仲間ですもん!!

だから、心から成功は祈りますが、

でも、心から喜べはしません。

どうしても・・・・

どんなに自分に「仕方ない」と言い聞かせても、

喜びよりも寂しさの方が勝ってしまうから。

退団してしまったので、今でもこのブログを読んでくれているかは分かりませんが、

「先を見る者」にどうかお願いがあります。

いつか、1回だけでもいいから、十夢に遊びに来て欲しい。

何かを成し遂げ、喜びの報告でもいい。

行き詰まり、悩みを相談しに来るでもいい。

「帰れる場所」

その選択肢に十夢を加えておいて欲しいです。

その時には、オイラは「何しに来たんだ!?」と強がることでしょう。

多分、そうする。

自分の事だから、分かる。

絶対強がる(笑)

だから今ここで書いときます。

皆が遊びに来てくれた時、例え素直じゃなくても、

その時のソイツは尻尾が千切れんばかりに心底喜んでるからな!!

オイラは、今から「いつか」が楽しみなのです。

だから、いつまでも落ち込んでいられません。

寂しい気持ちは「エイヤ!」と心に押し込んで、前を向かなきゃです。

そう!十夢を去る者だけが前を向いているわけじゃありません。

「十夢で何をすべきか」

それを実現することも、また、前進することなのです。

なにより、十夢はいっつも「挑戦」してますからね。

挑戦

これは、オイラが演出する上で絶対に外せないキーワードなのです。

挑戦無くして成長は有り得ません。

十夢は今後も新しいことに挑戦していきます。

全編笑いだけの芝居。

サイコホラーやサスペンスなんてのもいいですね。

ミュージカルって話をしたら役者達から総ブーイングを受けましたよ(笑)

題名に「月」を付けるシリーズも前回で完結しました。

月シリーズを通してのテーマは「輪廻転生」。

「紡いだ記憶に浮かぶ千年の月」という台本で、生まれ変わりから出会いまでを描ききりました。

次は違うテーマで新しいシリーズを書こうと思います。

はい。新作を書きます!!

だもんで、オイラの更新は頻度が少なくなります。

「オイラの」というのは、今、団員の中でブログを更新してくれる人を募集しています。

一人に任せるとかなりの負担になってしまうので数名に任せたいと思います。

ご期待下さい!!

さて、

今後の予定ですが、

ある老人ホームからお声を掛けていただき、慰労公演をします。

25分程度のお芝居。

朗読劇に挑戦です。

その後、11/8(日)に中央公民館で文化祭に参加。

これは慰労公演と同じ演目をやるつもりです。

その名も、

MOMOTARO!!

えぇ。桃太郎です。桃太郎。

この公演の為にオイラが書き下ろしました。

当然オイラの書く桃太郎ですから、少々捻くれたストーリーになってます。

ほんのちょっとね。ちょっとだけ♪

25分しかないですからキャラを掘り下げることも出来ませんし、動機が・・・。

な〜んてこだわってたら1時間半くらいの芝居になってしまいますね(汗)

公演が終わったら「紡いだ記憶に浮かぶ千年の月」と合わせてホームページにアップしようと思います。

特に「紡いだ記憶に浮かぶ千年の月」を1幕しかご覧になれなかった方!!

オイラのミスで申し訳ありません。

もし続きが気になって頂けるようでしたら是非是非読んでみて下さい。

そして、全部ご覧頂いたお客様も、全編を楽しみたいとお思いでしたら是非是非読んで下さい。

1幕2幕合わせて相当なページをカットしてますから、100%楽しむなら読まなきゃだね!!

なんてったって無料だし!!

んで、文化祭が終わったら十夢の独自公演に向けて動きます。

流石にもう20名以上登場する芝居は見る方も作る方もしんどいので、バラバラに分散します。

予定では、来年の3月頃に1本。

そして、6月頃に第2弾の十夢祭を!

更に、8月か9月頃に新作を!!

来年は公演ラッシュですね。

忙しくなりそうです。

なので、十夢は今、仲間を募集しております!!

経験・未経験問わず!!

スタッフ・キャスト問わず!!

男性をメインに募集してますが、女性も大歓迎!!

年齢は申し訳ないのですが20歳以上で。

是非是非ご連絡下さい。

まずは見学からどうぞ〜〜!!

十夢・団員募集ページ
http://tomu.tv/recruit.html

そんじゃま、

頑張るとしますか!!

劇団十夢−TOMU−
【活動内容】
・十夢主催の自主公演
・持ち込み企画による企画公演

※お問合せはホームページからお願い致します

【団員募集中!】
初心者だって大歓迎!!
30代中心のアットホームな劇団です!
お気軽に見学に来てください。
一緒に楽しく舞台を創りましょう!!

ちょっとだけ「勇気」を出してください。

『未経験者だから・・・』 『もう年齢的に厳しい?』

『取り柄が一つも無いから』 『うまくやっていけるか不安』

こう思っている方はきっと多いと思います。
でも、ちょっとだけ、
ほんのちょっとだけ勇気を出してみてください。

何も気兼ねなんか要りません。
「遊びに行ってみよう!」と思うだけでいいのです。

劇団に入る・入らないはその後!
続くか続かないかの心配は更にその後!

そして、「うまくやっていけるか」の心配は・・・。

まずは私達を見てください。
私達はプロではありません。
誰に強制させられているわけではなく、
好きだから芝居を続けているのです。
でも、強制されていないからこそ、
一緒に芝居を創る仲間を大切にし、
時には楽しく笑って、時には悩みを相談したり、
同じ時間を共有できる喜びを持っています。

「誰か」と「何か」を創る喜びは、
本当に特別な時間です。
この喜びは、アナタの人生をもっともっと輝かせることでしょう。

私達は、待っています。
一緒に喜びを分かち合える仲間を待っています。
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

市民活動ブログ

市民活動ブログ一覧へ