2014年04月25日 配信

ども、演出です。

最近は寒暖の差が激しくて風邪をひきそうですね。

皆様もお気を付け下さい。

さて、今週の練習はなかなか濃い練習でした。

いつも通りまずは全員一つの部屋に集まって基礎練習。

柔軟から体操、そして筋トレ、発声、滑舌。

40分くらいかけてやってます。

180分の内の40分ですから、結構な時間を割いていることになります。

3/16の本番以降、オイラの中でずっと考えている事があります。

それは、

「12月までにどれだけ役者を成長させられるか」

ということです。

前回の公演は多少荒削りでも許されました。

たまひよ公演でしたから。

でも、次回は多少なりともハードルが上がっていると思うんですよね。

「一生懸命なのが良かった」

「感情が伝わった」

そう仰っていただけたのは嬉しかったですが、1回きりの事でしょう。

まぁ、次回の十夢祭りも無料ですからね。

あまりハードルを上げられてしまうと困りますが、ハッキリとした成長は見せなければなりません。

只ですね、下手をすると「上手くなる弊害」というものもあるんです。

それだけは避けたい。

どんなに演技が上手くなったとしても、十夢の役者が持つべき「熱意」だけは忘れてはいけません。

失くしてはいけません。

多分、十夢の役者って、他の劇団の役者に比べたら下手くそですけど、熱意だけは2〜3倍はありますよ。

前回の芝居なんか、熱意だけで3時間持たせたようなもんです。

ですから、熱意は持ちつつ、成長する方法を考えているのです。

その為に、今回は役者達には様々な事に「挑戦」してもらいます。

普段使わない言葉を言ってもらったり、

普段のキャラとは全然違う役を演じてもらったり、

普段から滑舌を意識して生活してもらったり、

とにかく沢山の事に挑戦してもらい、全てやりきって欲しいと思います。

お金が取れるほどの演技力は今回だけで持つことが出来ないかもしれません。

ただ、今まで十夢が疎かにしてきた「基礎」をちゃんとやっていきたいと思います。

・・・でもですねー。

お金を頂く価値って何?とは思います。

オイラが演出する芝居の目標は、

「残る芝居」

です。

音楽でもいいです。台詞でもいいです。シーンでもいいです。

見ていただいたお客様の心に何かを残したいんです。

「明日から自分も頑張ろう!」って思ってもらえるような・・・。

「自分も何かを始めたい!」って思ってもらえるような・・・。

そして、思うだけでなく、ちゃんと行動して欲しいです。

その為には「伝わる芝居」をしないと。

消費される芝居はしたくありません。

芝居に限らず、映画も沢山見ていますが、消費される作品のなんと多いことか。

幕が降りて1分もしないのに、席を立ちつつ「今日、何食べて帰る?」なんて会話がされてしまうような芝居をしたくないんです。

何だったら食欲を失くさせたい位です(笑)

で、消費される作品でお金を取っている劇団は沢山あります。

それが悪いことだとは思いません。

劇団の方向性の話です。

「芝居なんて所詮、エンタメだ!芸術なんかじゃねぇ!」

「楽しさを提供できりゃいいんだ!」

「演劇で他人の人生を左右しようなんておこがましいだろ!」

「どう解釈するかはお客次第だ!提供側が押し付けることじゃねぇ!」

はい。そういう考えもあるかと思います。

そして、それは、決して間違いじゃないと思います。

楽しさを提供しようとしている劇団が、例え「消費される作品」をしたとしても、それで有料公演をしたとしても、楽しさを提供できているのであれば、それはOKだと思うのです。

上手い演技を期待してお客様が来ているのであれば、上手い演技を提供すれば、それは有料である「価値」があります。

だとすれば、

十夢の芝居を見に来るお客様の期待が「熱意」なのであれば、熱意を見せることが出来れば、そこに「価値」はあると思うのです。

ただ・・・だとしても、「最低限の演技力」ってあるだろ!と思うので、まだ有料公演の予定はありません。

今の役者達が成長したら、来年か再来年くらいに有料公演をしてみたいですね。

そしたら、絶対、更に成長するでしょうから。

ちょっと話が逸れてしまいました。

基礎練習後は、各部屋に分かれて練習です。

オイラは最初、「見上げれば」の方で演出をしました。

成長して欲しい一番手は、なみちゃん。

今回、彼女は普段のなみちゃんとは全然違うキャラを演じることになりました。

テンションも、言葉遣いも。

当分苦労するでしょうね。

駄目出しを何度も何度もされて、同じシーンを何度も何度も繰り返しました。

あまりにも出来ない場合は「一言」です。

台詞一言だけをOKが出るまで延々と繰り返してもらいました。

精神的にツラい練習です。

それでもなみちゃんは頑張ってくれました。

一言も、「出来ません」なんて言いません。

出来るようになろうと努力してくれます。

その姿を見て、周りの役者達にも火が付いたようでした。

ようやくOKが出たなみちゃんの次に、のぞみちゃんの演出です。

のぞみちゃんの練習は、「ポーズ」。

どんなポーズかは、ここでは言えませんが結構なポーズです。

オイラは練習前、このポーズをやってもらうのには時間がかかるだろうなって思っていました。

のぞみちゃん的にもあまりやらないようなポーズですから、照れてしまうと思っていたんです。

いや、照れてましたけどね。

照れてましたけど、オイラが手を叩いたらちゃんとやりきってくれるんです。

オイラが再度手を叩いて止めたら、その場に倒れてしまうくらいダメージ受けてましたけど。

でも、きっと、なみちゃんの頑張りを見て、「私もやらなきゃ」って思ったんだと思います。

そして、

次にエチュードを考えなければならない練習だったのですが、

そんな風に頑張っているなみちゃんとのぞみちゃんを見ていたその他の役者が、「俺もやるぞ!」と様々なアイディアを出して次々に動きを作ってくれました。

安心したオイラは部屋を出て、「地球はチーム」の練習部屋へ。

ここでも、皆一生懸命読み合わせをしていました。

十夢の団員は本当に真面目ですね(笑)

芝居が好きなんだろーなー。

オイラも負けていられません。

考えてきた練習をやりました。

ラスト近く、全員が出演するシーン。

とりあえずの動きを作りました。

ここはまだ読み合わせも不十分ですからね。

決まっていない動きと相まってテンポがガタガタでした。

でも、それでもテンションを上げて演じようとするゆかちゃんは流石だな。

今回、ゆかちゃんには大活躍してもらうつもりです。

頼りにしてるからな!!

そして、今週、今まで3回ほど見学に来てくれていた方が、

団員になってくれました!!

その名も、

おーちゃん!!

超フレッシュな男の子です!!

近々ブログで紹介できればと思います。

ちょっと考えられないくらいのスピードで芝居を作っています。

役者陣の台詞覚えは大丈夫だろうか・・・。

劇団十夢−TOMU−
【活動内容】
・十夢主催の自主公演
・持ち込み企画による企画公演

※お問合せはホームページからお願い致します

【団員募集中!】
初心者だって大歓迎!!
30代中心のアットホームな劇団です!
お気軽に見学に来てください。
一緒に楽しく舞台を創りましょう!!

ちょっとだけ「勇気」を出してください。

『未経験者だから・・・』 『もう年齢的に厳しい?』

『取り柄が一つも無いから』 『うまくやっていけるか不安』

こう思っている方はきっと多いと思います。
でも、ちょっとだけ、
ほんのちょっとだけ勇気を出してみてください。

何も気兼ねなんか要りません。
「遊びに行ってみよう!」と思うだけでいいのです。

劇団に入る・入らないはその後!
続くか続かないかの心配は更にその後!

そして、「うまくやっていけるか」の心配は・・・。

まずは私達を見てください。
私達はプロではありません。
誰に強制させられているわけではなく、
好きだから芝居を続けているのです。
でも、強制されていないからこそ、
一緒に芝居を創る仲間を大切にし、
時には楽しく笑って、時には悩みを相談したり、
同じ時間を共有できる喜びを持っています。

「誰か」と「何か」を創る喜びは、
本当に特別な時間です。
この喜びは、アナタの人生をもっともっと輝かせることでしょう。

私達は、待っています。
一緒に喜びを分かち合える仲間を待っています。
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

市民活動ブログ

市民活動ブログ一覧へ