2013年12月07日 配信

12/7(土)キッズハウスCOCOでクリスマス会
手遊びや読み聞かせを障がいのある子ども達と一緒に

coco8.JPG  
   

 行田の支援施設キッズハウスCOCO(船橋市行田3-2-13 TEL047-490-8787)で12月5日、クリスマス会が開催され16組の乳幼児と保護者・施設職員が参加した。

 主催は子育てママで組織されている「れいんぼー実行委員会」。同施設は障がいのある2歳から18歳までの子ども達の支援を行なっているが、今回は施設利用者とれいんぼー実行委員会メンバーとの合同クリスマス会を行った。

 この日は手遊び歌や小さな子どもでも楽しめる工作、おかしボックスを手にしてクリスマスの歌やダンスを参加者全員で楽しんだ。また、スタッフによる英語での絵本の読み聞かせに、子ども達は耳を傾けた。

 「障がいのある子とない子の交流はとても意義のあること」と、キッズハウスCOCOの上村久美子さん。

 フリーマーケットや、ららぽーとTOKYO-BAYを会場にした大きなイベントを行ってきたれいんぼー実行委員会だが、12月20日発行の絵本で一時休刊、今後は施設や企業などト協力してママの為の場所作りに専念していくという。「これからは子どもたちと年配の方々との交流もしていきたい」と代表の澤谷加恵さん。

(丸)

coco2.JPG coco3.JPG
coco6.JPG coco9.JPG
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ