2017年08月11日 配信

8/11(金)船橋大神宮の西側入口がリニューアル
緑地の整備などで写真映えする空間を演出

img_4567daijinnguu img_4572daijinnguu

 船橋市の中心市街地からほど近い船橋大神宮(正式名=意富比神社船橋大神宮、船橋市宮本5-2-1)の西側入口が昨年10月ごろからリニューアル、「フォトジェニック(=写真映えする)」な空間になったと話題を呼んでいる。

 今回整備されたのは、同神社西側、本町通りから見て石段の右手部分。擁壁保護と本町通り側からの景観改善を目的としで工事が行われた。2016年7月頃から着工し、同年10月に完成した。

 以前、大神宮の職舎があった場所。隣接する田辺商店のビルを購入し、あわせて70坪程度になる二つの土地を整地し、大型バスの駐車スペースと、簡単な散歩のできる庭園を整備した。四季折々の変化も楽しめる植栽と庭石を配置。神社らしい景観の日本庭園が完成した。

 庭園の庭石には、長野県の相木石(あいきいし)と四国の青石(あおいし)を使用。亀の模様で目立つ石は、亀甲石(きっこうせき)と呼ばれる種類のもので長野県の相木石だという。

 植栽には、北山杉、萩、楓、枝垂れ桜、江戸彼岸桜、ヤマシダ、一人静、皐月、春蘭、馬酔木(あせび)、招霊木(おがたまのき)、桑、桂などを採用。桂の木は神が宿るとされ、招霊木は神木としてひろく神社で植えられているものだという。

 石段の右手に緑地が増えたことで荘厳な雰囲気がかもし出されるようになり、同神社の前を通りがかった人が思わずスマートフォンやコンパクトカメラを取り出して撮影する風景が頻繁に見られるようになったという。

 普段散歩で同神社を訪れるという近隣の50代主婦は、「大神宮さまは、都市化が進んでここ最近は目立たない感じだったけど、今回の庭園整備で素敵になった」と笑顔で話す。

img_4573daijinnguu img_4576daijinnguu
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
船橋大神宮の初詣-元日6万人、初詣客総計18万人は船橋市内最... 1/2(金)船橋大神宮の初詣に初日8万人 船橋市内最大の初詣客数を誇る船橋大神宮      船橋市内で最大の初詣客数を誇る船橋大神宮(船橋市宮本5-2-1 TEL047-424-2333)の初詣に1月1日、多くの人が参拝の為に訪れた。  船橋大神宮の元...
市が誇る景観をまとめた「景観80選マップ」、公募し選定した市... 2/25(日)市が誇る景観をまとめた「景観80選マップ」 公募し選定した市内の見どころをマップに        船橋市が市制施行80周年を記念して、市が誇る景観をまとめた「景観80選マップ」を2月15日から配布...
船橋大神宮で恒例の「ふなばし朝市」、新鮮な野菜や地元食材のメ... 2/11(日)船橋大神宮で恒例の「ふなばし朝市」 新鮮な地元食材に開始前から大行列    船橋市の主催する「ふなばし朝市」が2月10日、船橋大神宮(船橋市宮本5-2-1)境内で行われ、開始前から多くの来場者でにぎわいをみせた。  同朝市は平成22...
船橋大神宮で節分祭、神楽の舞と豆まきでにぎわう... 2/4(日)船橋大神宮の節分祭 神楽の舞と豆まきに多数の来場者        船橋大神宮(船橋市宮本5-2-1、TEL 047-422-2333)で毎年恒例となっている節分祭が2月3日に行われ、大勢の人でにぎわった。   ...
市内でも皆既月食の「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」、船橋... 2/1(木)市内でも皆既月食の「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」 船橋駅前では撮影する通行人の姿  1月31日に2015年4月以来となる皆既月食が起こり、船橋駅近辺(船橋市本町7)でも多くの通行客が足を止め、写真を撮ったり観察したりする姿が見られた。   ...
船橋大神宮の「初詣」に長蛇の列、晴天の中初もうで客でにぎわう... 1/1(月)船橋大神宮の「初詣」に長蛇の列、晴天の中にぎわう 市内の神社仏閣が初詣客でにぎわう                   2018年の年が明けた1月1...
船橋大神宮で年末の風物詩「酉の市」、縁起熊手で商売繁盛祈願... 12/25(月)船橋大神宮で年末の風物詩「酉の市」 縁起熊手で商売繁盛祈願        船橋大神宮(船橋市宮本5-2-1)で12月24日、毎年恒例となっている酉の市と二ノ酉神楽が行われた。  「酉の市」とは十二支の酉にあたり、11月の酉の日に行う神...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ