2018年01月27日 配信

1/27(土)前原東に古民家活用のゆずカフェ
あんみつなど手作り甘味が看板商品に

IMG_3299yuzukafe  
   

 津田沼駅北口から県道を習志野市大久保方面に進み、新京成線の踏切を越えてすぐの左手に古民家を活かしたカフェ「ゆずカフェ」(船橋市前原東3-5-10 TEL090-9153-9057)が11月15日、オープンした。

 同店のオーナーは、昭和15年築の古民家を所有する山崎千秋さん。子どもの頃から育ってきた生家を解体する話が家族会議の話題に上ったが「もったいない」と反対。テレビ局の国際部で原稿記者として活躍していたが早期退職し、独立に踏み切った。

 同店を構える物件は、千秋さんの祖母が他界して30年以上も物置として使われていた古民家。取り壊しの話が出て、掃除をしてみたところ広さも充分にあり、思った以上にきれいだったためキッチンと客間、建て増しした洋館部分を使って昔からの夢だったカフェ開店を実行に移した。店名は、古くから庭にある柚子の木からとって命名。

 店舗部分は、8畳の和室と6畳の洋館合わせて10席。かなりゆったり目にテーブルセットやイスを配置している。昭和の名残を残す店内の本棚や和机、火鉢などの各種アイテムはそのまま調度品として活用。千秋さんが子どもの頃に習っていたピアノも調律を済ませ、そのまま使える。

 グランドオープンにあたって11月10日からスペシャリティコーヒーをハンドドリップで淹れるメニューでプレオープンを実施。来店客の反応と接客の感覚をつかんで15日にグランドオープンを果たした。

 コーヒーは、八千代市内の「きたみcoffee」(八千代市ゆりのき台)で仕入れ、常時コロンビアとエチオピアの2種は用意している。そのほか、その日の気分や仕入れで千秋さんが厳選したものを提供するスタイルで営業する。

 前原東地域から津田沼駅に向かう抜け道沿いにある同店。大通りから一本入っている立地のため、当初は、「隠れ家的」な店で高齢者層が多いものと思っていたという。

 しかし、開店してみると抜け道を使うサラリーマン層、小学校の生き帰りの子どもたちが改装中に「発見」し、予想よりも早い段階で多くの人に「認識」され、来店客が増えているという。

 フードメニューは、本日のホットサンド(260円・コーヒー付きセットで540円)、看板メニューとして白玉もあんこも手作りで提供する「白玉あんみつ」(540円・アイスクリームトッピングで+100円)やパウンドケーキ(320円)も用意。

 週末限定でランチタイムにビーフカレーやビーフシチュー(いずれも900円・ドリンクセット1100円)を提供、1月下旬からごぼうたっぷり御前(700円・ドリンクセット900円)も開始した。

 営業時間は、10時~17時。ディナータイムの営業も視野に入れているという。月・火定休。

IMG_3251yuzukafe IMG_3291yuzukafe
   
IMG_3277yuzukafe IMG_3245
   
IMG_3266yuzukafe IMG_3262yuzukafe
   
   
   
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
小室にエリア初のカフェ、印西のレンタルファーム併設のカフェ「... 1/20(金)小室駅前に「CAFEトトノエ」が印西市から移転OPEN 印西市で農園カフェとして知られていた「トトノエ」が船橋に          船橋市北部、北総線の小室駅前商店会に同エリア初となるカフェ「CAFEトトノエ」(船橋市小...
馬込沢駅の「magome coffee project」がリ... 12/29(木)馬込沢駅の「magome coffee project」がリニューアル 珈琲の焙煎に大きくシフト、ギフトにも力を入れる        馬込沢駅前商店街の一角にある珈琲専門店「magome coffee project」...
船橋市場にカフェのようなインフォメーション「市場カフェ」、情... 11/30(水)船橋市場にインフォメーションスペース「市場カフェ」 情報発信と地域人材の交流拠点としてMyFuna編集部が運営  船橋市地方卸売市場関連商業組合棟の0番通路1階に船橋市場の情報発信および地域人材の交流拠点として「市場カフェ」(船橋市市場1-8-1 TE...
八千代市高津、住宅地の一角にオープンした古民家カフェ「高津珈... 6/1(水)八千代市高津の古民家カフェ「高津珈琲」が1周年 八千代市高津の旧道沿い、住宅街の一角で1周年       八千代市高津の閑静な住宅街の一角に昔ながらの農家をリフォームした古民家カフェ「高津珈琲」(八千代市高津527-1 TEL047-4...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ