2017年06月28日 配信

6/28(水)二宮神社で新しい御朱印帳
24日から頒布再開

nino_3830  

 三山に鎮座する二宮神社(船橋市三山5-20-1、TEL 047-472-1213)で新しいデザインの御朱印帳が5月15日の月次祭(つきなみさい)から頒布され、わずか1カ月で初回奉製分の頒布が終了となり、6月24日から頒布再開となった。

 同神社では昨年12月から御朱印帳の頒布を開始。昨年末にできあがったデザインは織柄で、朱色の地に表紙には同神社のシンボル的存在である大イチョウと本殿が描かれたもの。
 5月にできあがった新しいデザインの御朱印帳は印刷に使われている色数が増え、水彩画のようなタッチ。表紙には鳥居と本殿、そして裏表紙にはイチョウの葉が散りばめられたデザインとなっている。

 同神社では、これまでにも「ふなっしー」の御守りを頒布するなど「神社としても、常に新しい取り組みも心掛けている」という。また、ツイッターなどのSNSを活用した情報配信も精力的に行っている。
 「新しい御朱印帳を最初に受けにいらした方は、ツイッターを見て来たという市内の方でしたよ」と、神主さん。

 そのほかツイッターでの配信を見て、遠方から御朱印と御朱印帳を受けに訪れる人も少なくないという。「昨今の寺社仏閣めぐりや御朱印集めのブームが、神社に馴染みのない方に日本の精神文化を知ってもらい、さらに、神社や地域の魅力を伝える機会となれば」とも。

 なお、同神社では6月30日の夏越大祭(なごしおおはらえ)を控え、現在、境内には茅の輪(ちのわ)が設置されている。6月30日の祓(はらえ)の行事では、悪疫退散、除災招福を願い、暑い夏を無事に過ごせるようにと「茅の輪くぐり」や人の形をした紙「形代(かたしろ)」を川に流し、心身を祓い清めるという神事が執り行われる。

 なお、御守りや御朱印帳の授与時間は8時〜17時ごろまで。御朱印帳の初穂料は1800円で御朱印料(300円)を含む。

nino_3835 nino_3831
nino_3832 nino_3834
nino_3833  
   
   

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル関連記事
今年も西船橋駅前にイルミネーションが点灯、ららぽーとTOKY... 11/14(火)今年も西船橋駅前にイルミネーションが点灯 ららぽーとTOKYO-BAYもクリスマス仕様に   ららぽーとTOKYO-BAY    JR西船橋駅(船橋市西船4)北口のロータリーでは11月12日、イルミネーションの点灯式...
「デンマークのKIMONO」船橋市民有志で完成、アンデルセン... 10/17(火)「デンマークのKIMONO」船橋市民有志で完成 アンデルセン公園などでお披露目      豊洲のデンマークフェス    船橋市民が中心となって制作したデンマークをテーマにした振袖「デンマークのKIMONO」が完成し、10...
毎年恒例の陸上自衛隊習志野駐屯地「夏まつり」に8万人が来場... 8/8(火)毎年恒例の陸上自衛隊習志野駐屯地「夏まつり」 土曜日には花火もあり、約8万人が来場          陸上自衛隊習志野駐屯地(船橋市薬円台3-20-1、TEL 047-466-2141)で8月5日・6日、恒例の「夏...
御瀧不動尊で13回目の「高野太鼓&御瀧ソーランまつり」、復興... 4/4(火)御瀧不動尊で13回目の「高野太鼓&御瀧ソーランまつり」 子どもたちの発表の場と復興支援も目的に    金杉・二和地区の春の風物詩ともいえる「高野太鼓&御瀧ソーランまつり」が4月2日、御瀧不動尊(船橋市金杉6-25-1)の境内で行われ、同...
「創業160年・つるや伊藤展」開催、江戸時代から続く船橋の染... 10/17(月)「創業160年・つるや伊藤展」開催江戸時代から続く船橋の染物店の歴史文化展 5代目店主の伊藤吉之助さん船橋市勤労市民センター展示室(船橋市本町4-19-6、TEL 047-425-2551)で10月15日~16日の二日間、「創業160年・つるや伊藤展」が開催された。展示では、1854...
船橋大神宮の初詣-元日6万人、初詣客総計18万人は船橋市内最... 1/2(金)船橋大神宮の初詣に初日8万人 船橋市内最大の初詣客数を誇る船橋大神宮      船橋市内で最大の初詣客数を誇る船橋大神宮(船橋市宮本5-2-1 TEL047-424-2333)の初詣に1月1日、多くの人が参拝の為に訪れた。  船橋大神宮の元...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ