2013年03月01日 配信

201303_pickup_3.jpg

白猫のマリーは、縄張りのパトロール中に飼い主のサトルを見かけた。

「それでね、うちの孫はもう、あっという間にこーんなに大きくなってね、

ひらがなもすぐに読み書きできるようになってね。可愛いんだよ。」

身振り手振りを交えて夢中で喋る、近所に住むおばあちゃんの話を半分困り顔で聞いている。

「おい、まだこんなところにいたのかよ、遅いぞ!」

そこにサトルの親友、タクヤが彼を迎えに来た。

高校生の二人は共に出かける約束をしている。

「ばあちゃん、ごめん、俺もう行かないと。」

サトルはおばあちゃんに手を振った。

「お前さあ、よくあんな、同じ話ばっかりしているばあちゃんに付き合っていられるよな。」

タクヤは呆れ顔で言う。

「うん、なんかさ、俺のばあちゃんとだぶって冷たく出来ないんだよ。俺、ばあちゃん大好きだったからさ。」

サトルは、既に亡くなった優しかった祖母に思いを馳せる。

「あら嬉しい。私も大好きよ、サトル。」

サトルの後ろから、ぼんやりとした輪郭のおばあちゃんが声をかける。

しかし、二人には見えないし、その声も聞こえない。

だが、猫のマリーには見え、聞こえてもいた。

そして知っている。

サトルの後ろにだけでなく、全ての人の背に、たくさんの見守ってくれる人達がいることを。

◇宮岡みすみ
昭和43年、船橋市出身

平成19年度船橋市文学賞 「そうして、歩いていく」にて小説部門佳作入賞

読み手の心に希望が残る話を中心に執筆

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ