2012年05月01日 配信

「ゴールデンウィークなんて無理無理。仕事だもん。じゃ、忙しいから切るよ」

母の応答を待たずに電話を切った。

忙しいなんてうそ。一人でご飯食べて、テレビ見て寝るだけ。

あーそしたら明日が来る……取り込んだばかりの洗濯物が散乱するベッドに横になった。

また、失敗した。もう何度目かなんて聞かれなくてもわかっている。それをあいつったらなの前で……。

「あれ?」

何気なく壁を見ると2cmほどの傷が目についた。

引っ越してまだ1カ月なのに……さてはベッドを搬入するときについたのかもしれない。

あの業者、ずいぶん粗っぽかったから。

立ちあがって確かめようとすると、その傷はちょうど私の目よりちょっと高いくらい。ってことは私の背の高さくらいかな。

壁にぴったりと背中をつけてみた。

小さい頃、毎年おばあちゃん家に行くと、こうやって柱に背をつけて、母に身長を測ってもらったのを思い出した。

ずっと小さいと思っていた弟に抜かされた時は悔しかったっけ。

壁に背をつけたまま背伸びをした。

「まだ、伸びるかな?私」

傷に話しかけるように言ってから指でなぞった。
この傷、いつか見下ろしてやる。

「あーもしもし、母さん。うん、さっきごめん…

…うん、ゴールデンウィークが終わったら帰ろうかな。それでさ、今度あれ教えてよ。がんもどきの煮物、そう、甘いやつ」

201205_pickup_3.jpg

◇深澤 竜平
昭和52年、山梨県生まれ。

2006年、船橋市に転居し翌年から小説創作を開始する。

2011年 「応援席のピンチヒッター」にて「第23回船橋文学賞」文学賞を受賞。

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ