2010年06月01日 配信

 おじいちゃんがサザンカ公園にいたって本当かな。おにいちゃんは、けっこういいかげんなことを言うから。

 

 
 公園が近づいてくる。ユキの胸はドキドキしてきた。公園のうら手にまわる。

 サザンカの葉が緑をこくしていた。植え込みからそっと公園の中をのぞきこむ。サザンカ公園はそんなに広くない。すべり台に幼稚園生ぐらいの男の子がのぼっている。とちゅうまで上った、妹らしい女の子が泣きべそをかいている。そばにいるお母さんが、だいじょうぶよと声をかけていた。悪いことをしているわけじゃあないのに、ユキのドキドキはおさまらない。表通りの入口に黄緑色のぼうしが二つ見えかくれしている。
 
 
「おかえり。道草くっていたでしょう」
  花山さんのおばさんだ。早口で声が大きいからすぐにわかる。
「おばちゃん、どうしてここにいるの?」
「このおじさん、スクールガードの一年生。おじさん、なれてないから、とうぶんおばさんといっしょ。よろしくね」
 
 
 あ、そうか。それでこのごろ空き地前にいないのか。後から、もにゃもにゃした声がした。よろしくとか言ったみたいだが、元気がない。それから何人もの子どもたちが通った。聞こえてくるのは花山のおばさんの声だけ。おじいちゃん、もっと大きな声出してよ。家にいるときは、大声で歌ったり、笑ったりしていたのに。心配事が一つへったのはうれしかったが、かくれているユキはやきもきした。

 
「なんだ、ユキ。なにしているんだ?」
 
 
 背中に、ばかでかい声。ふり返ると同級生の男の子。一番見られたくないやつ。もうおそい。黄緑色のぼうしが二つ、回れ右をした。

  

 

littlelovers6.jpg

  

 
【筆者プロフィール】
北澤朔(きたざわはじめ)
山形県鶴岡市出身、船橋市在住
1992年『自転車』で第四回船橋市文学賞受賞
著書/『見つめる窓辺』(文芸社)
     『黄色い』(日本文学館)

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
第四回/画廊 扉の前に飾られた大きな盛り花からまっすぐに白百合の香りが届く。 文芸春秋画廊の受付に座って一時間、昨日までのくすみがちな心はすっかり消えて晴れやかな気分。     芳名録に筆ですらっと記帳を終えた男性が「亜紀、僕の初恋の人の名前と同じだ。なんだかどきどきするな」とカウンター...
第二回/哀しみの日 平成二十三年三月十一日。哀しみの日。 その一瞬に立ち会うという運命の下に生き、逝った命。この過酷な現実を前に心が震え、祈る力さえ奪われる。 テレビ画面がくり返して流す大津波の中に数えきれないほどの人生が巻き込まれ流されていく。一生懸命生きた時間が一瞬にして断ち切られていく無念。 な...
少年/第1回 長くて細いごぼうが歩道の端っこに横たわってしまった。私と自転車は惰性でかなり走ってしまった。 こんな時素早くスピードを緩め、姿良く降車したいと願いつつ、このごろこの一連の動作に老いを感じ始めている。 平たく言えば走っている自転車を急停車して降りることが上手くゆかないのである。この場面の...
小さい恋人たち 最終話... 春休みが近い。 サザンカ公園の茂みから、おじいちゃんのスクールガードの帽子が見え隠れしている。 ユキはぽんと肩をたたかれた。振り向くと西山のおばさん。あっと大声を出しそうになった。おばさんは唇に人差し指を当てている。 「おじいちゃん、元気になって、本当によかった」ユキは目頭が熱くなった。 「...
小さい恋人たち 第10話... ユキは、学校に行く前、おじいちゃんの部屋をのぞいてみた。おじいちゃんは、正月休みが終わっても、スクールガードに出ていない。西山のおばさんも心配して家まで来てくれた。 おじいちゃんは、ベッドの中から笑顔を見せた。 「そろそろ、小さい恋人たちに会いに行かないとね。さびしがっているだろう」 お...
小さい恋人たち 第9話... クリスマスが近い。     夕食のとき、おじいちゃんがニコニコしている。何かいいことでもあったのかな。 おじいちゃんは、ときどき上着のポケットに手を入れる。食卓についたときから、ユキはずっと気にかかっていた。おじいちゃんは何か言いたげだ。ユキと目があった。   &...
小さい恋人たち 第8話... ユキのお父さんが五年生ごろの話。 同級生にひどいドモリの子がいた。からかい半分にまねをしていると、自分もドモリになってしまった。友達の前ではうまく話せない。「きのうね……」の、きが出てこない。のどがしめつけられる。無理に言おうとすれば、「き、き、きのう」という具合。友...
小さい恋人たち 第7話... 十月はじめ。 夜の九時近く、ユキは家族とテレビを見ていた。でも、おじいちゃんだけいない。  いつの間にか、さえない顔つきのおじいちゃんがリビングの入口に立っていた。 「おじいちゃん、ここに来て」  おじいちゃんはユキのとなりに腰をおろした。何も言わない。画面も見ていない...
小さい恋人たち 第6話... 九月、学校が始まった。 おじいちゃんはスクールガードに毎日出ている。夏休みにクイズ、なぞなぞ問題をずいぶんと作ったらしい。お母さんは、お兄ちゃんとの夏休み宿題戦争が終わってほっとした顔。 土曜日の晩、電話がなった。 「ユキちゃん、お母さんにかわってください」  スクールガードの、西山のおば...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ