2019年02月28日 配信
訪問マッサージと訪問リハについて

 患家に赴き施術する「訪問マッサージ」と「訪問リハビリ(以下訪問リハ)」は何がどう違うのか、一見似ていることのように見えるが大きな違いがある。

 「むろた鍼灸整骨院」に勤務し、訪問マッサージに力を入れているトレーナーの牧野大城さんは「八千代市でも活動していますが、八千代市は訪問リハと訪問マッサージの施術者同士、またほかの職種との連携を図る機会があります」と他市での様子を話す。

 実は牧野さん、船橋市内で訪問リハがどのように行われているのか、訪問リハも受けたことがある患者からその施術内容を耳にする程度なのだという。

●訪問マッサージとは

 基本的に、独歩ができない人、つまり寝たきりや歩行困難で通院ができない人、一人で外出できない人が対象になる。マッサージを施すのは「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格を持つ者で、マッサージで直接患者の身体に刺激を与えて血液やリンパ液の流れをよくすることで、つらい部分や硬さを和らげる施術を行う。牧野さんは「施術を通して寝たきりゼロを応援しています」と話す。

 ケアマネージャーやかかりつけ医に相談し、医師の同意書が得られれば、健康保険を使って最高5部位のマッサージが受けられる。治療方法としては、関節周囲の筋肉や靭帯・腱などの組織を緩めて関節可動域を広げたり、マッサージや運動療法で足のむくみを改善したり、マッサージにより筋肉の血行をよくし残存機能を回復させたりなどがある。

●訪問リハビリとは

 動作機能の回復や維持、日常生活の自立を助けることを目的に行われる。適用される保険は、訪問マッサージは健康保険のみだが、訪問リハは介護保険が優先され、要支援や要介護の認定を受けている人が対象になる。さらに末期の悪性腫瘍、進行性筋ジストロフィー症、パーキンソン病関連疾患など「厚生労働省が定める疾病等」で定められた20種の疾病は健康保険が適用する。

 訪問マッサージは医師の同意書(診断書)があればよいが、訪問リハは医師の指示書(具体的な指示内容)が必要になる。そして理学療法士、作業療法士、言語聴覚士という国家資格を持つ者がサービス提供者になる。

 牧野さんは、「これから船橋市でも、理学療法士とあん摩マッサージ師同士、双方が連携していきたいと考えています」と船橋のこれからの訪問介護に向けての展望を話した。

【取材協力】
 

むろた鍼灸整骨院

トレーナー
保険往診責任者
牧野 大城 さん

TEL 047-407-1912

 

 

 

 

 

 

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
福祉・介護・医療の連携/全世代で連携できる見守り合いシステム... 障がいと高齢の福祉を考える 福祉・介護・医療の連携 全世代で連携できる見守り合いシステム 誰もが参加できる「みまもりあい」プロジェクト  一緒に生活している高齢者や幼い子ども、ペットの姿が見えなくなったとき、焦って近辺を探し回った経験のある人は多いのではないだろうか。特に認知症高齢者が行方不明...
船橋市内のオレンジカフェ(2019/2/20~2019/3/... 認知症カフェはオレンジカフェとも呼ばれ、認知症の人やその家族、地域住民、専門職などのだれもが気軽に集える場で、認知症の専門スタッフに相談する事ができるカフェです。安心して出かけられる息抜きの場や、地域住民同士の繫がりを作る場として広がりを見せています。是非ご参加下さい   ...
障がいと高齢の福祉を考える 福祉・介護・医療の連携/高齢者訪...  船橋市では、国の指針に従い、介護と医療が連携し、高齢者が安心して在宅生活を継続できるよう支援する「定期巡回・随時対応型訪問介護訪問看護」と「訪問介護」というサービスを提供するシステムを構築している。  現在、市内7事業所が展開。連絡会で情報の交換を行い、フォーラムなども開催したが、認知がなかなか...
福祉・介護・医療の連携/脳や運動機能のチェクができる教室を... 障害と高齢の福祉を考える    セコメディック病院は、豊富・坪井地区や新高根・芝山、高根台の地域包括支援センターと連携を図りながら、2016年から「セコメいきいき健幸作り教室」を開催している。  これまで年4回、「歩行年齢」「筋力測定」などの「運動機能の...
インタビュー/船橋ゆかりのキャラクター マスクドWIN(ウィ...   介護予防戦士 マスクドWIN(ウィン)     要介護者を減らして日本を元気に  船橋の金杉台で生まれた介護予防戦士「マスクドWIN」は、認知症をサポートする「オレンジリング」や「オレンジカフェ」のイメージカラーでもあるオレンジ色のマスク...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ