2019年02月05日 配信
船橋市独自の認知症訪問支援サービス

 「家事の間に、認知症の母が外に出ちゃう」「習い事に出かけたいが、見守りが必要な認知症の夫をどうしよう」このような場合に対応する「認知症訪問支援サービス」という船橋市オリジナルのサービスがある。

 利用には、介護保険の訪問介護サービスの利用及び、主治医意見書または認定調査票の「認知症高齢者の日常生活自立度」がⅡa以上の判定が必要になる。また、ケアマネジャーにこのサービスを入れたケアプランを作成してもらう必要がある。

 サービスを実際に提供するヘルパーは、認知症本人について気づいた点を、事業所のサービス提供責任者を通して、ケアマネジャー及び主治医等に報告し、連携に努めている。同サービスの利用対象になる行動については次の4つになる。

①本人の不穏解消の対応時
訪問介護提供時に、認知症で不安定な心理状況のためサービスの提供が困難なケースで、本人を落ち着かせるために要した時間

②本人の捜索時
訪問介護提供時に、本人が不在で捜索したり家族やケアマネジャーなどに連絡したりするために要した時間

③介護者不在時などの見守り
常に見守りが必要な高齢者で、介護者である家族が外出により不在になる場合、在宅中でも見守りが困難な場合、訪問介護員により見守りにかかる時間

④外出時の同行支援
常に見守りが必要な高齢者で、通院等の外出介助を不安に思う家族に訪問介護員が同行、介護者の不安解消にかかる時間

 この制度は、介護保険ではまかなえない「隙間」ともいえる時間を支援するもので、利用者・事業所の双方にメリットがある。①②が主に事業所側の、③④は利用者側のメリットで、利用者サイドの具体的な事例を挙げると、③の場合、妻が美容院に行く際、見守りが必要な認知症の夫に対し使える。介護者が家にいても自営業のため介護ができない場合なども、介護者不在と判断でき使える。④の場合、認知症の父の病院付き添いで、病院で息子がトイレに行く際など、父を1人にするのが不安な場合も該当する。介護者の受診で病院へ行く際は③のサービスが利用できる。

 蔵さんは「人生100年の時代、認知症は誰もが成り得る病気です。急速に高齢化が進む中、65歳以上で2割、85歳以上では4割に認知症があると言われています。認知症になっても、家族が楽しく過ごせれば本人も楽しいので、認知症を隠さず地域で見守っていく環境や家族のケアはますます大事になります」と話す。

【取材協力】
 

船橋市福祉サービス公社三咲
サービス提供責任者・介護福祉士

管理者 蔵 春子さん

TEL 047-449-4557

 

 

 

 

 

 

 

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
ふなばしこんな会社/株式会社aba(アバ)... 介護の負担軽減を目指して排泄センサー「Helppad」を製品化                                新京成線前原駅から徒歩約5分の場所にある株式会社abaは、においで尿と便を検知する排泄センサー「Helppad(ヘルプパッド)」を開発し、...
介護の「みらい」よもやま話...           この1月号が発刊されるのが、12月下旬なので、実際にみなさまにおかれましては、慌ただしい師走の大詰めと思われますが、1月号ですので、「明けましておめでとうございます。」から入らせて頂きます。  このマイフナさんでの...
今月のピックアップ②×暮らす... 日頃から家庭で行う代替医療 医学との併用でバランスよく ▲レイキヒーリングで施術する榊原さん  船橋市在住の榊原あかねさんは、日ごろから家庭で行える代替医療の普及とボランティア活動を行っている。調理師として働いていた頃、激務により体調をくずしてしまった榊原さ...
船橋の高齢化社会を考える/福祉×介護×医療の連携... 【取材協力】 船橋市習志野台 地域包括支援センター 所長 鈴木ひとみ さん 住所/船橋市習志野台2-71-10 TEL/047-462-0002 高齢者を支える地域の身近な総合相談窓口 船橋市習志野台地域包括支援センターは、医療法人成春会が船橋市から受託し、市内10カ所...
船橋の高齢化社会を考える 福祉×介護×医療の連携/高齢者の後... オレンジガーデンには4年前まで市の委託で、高齢者介護の相談受け入れ窓口として新高根・芝山地区の「在宅介護支援センター」が設置されていたが、同地区に地域包括支援センターが設置されることになり廃止となった。後継として「地域連携室」を立ち上げ、現在針生さんたちケアマネジャー3人で周辺地域に向け事業を展開し...
インタビュー/船橋ゆかりのキャラクター マスクドWIN(ウィ...   介護予防戦士 マスクドWIN(ウィン)     要介護者を減らして日本を元気に  船橋の金杉台で生まれた介護予防戦士「マスクドWIN」は、認知症をサポートする「オレンジリング」や「オレンジカフェ」のイメージカラーでもあるオレンジ色のマスク...
福祉・介護・医療の連携/全世代で連携できる見守り合いシステム... 障がいと高齢の福祉を考える 福祉・介護・医療の連携 全世代で連携できる見守り合いシステム 誰もが参加できる「みまもりあい」プロジェクト  一緒に生活している高齢者や幼い子ども、ペットの姿が見えなくなったとき、焦って近辺を探し回った経験のある人は多いのではないだろうか。特に認知症高齢者が行方不明...
船橋市内のオレンジカフェ(2019/4/20~2019/5/... 認知症カフェはオレンジカフェとも呼ばれ、認知症の人やその家族、地域住民、専門職などのだれもが気軽に集える場で、認知症の専門スタッフに相談する事ができるカフェです。安心して出かけられる息抜きの場や、地域住民同士の繫がりを作る場として広がりを見せています。是非ご参加下さい♪ ...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ