2017年07月24日 配信

201708_funaichi_now

この人に聞きました!

株式会社船橋魚類
代表取締役社長 中山郁雄さん

魚市と水産会社が 取引相手の ベンダー企業

5年前に立ち上げた船橋魚類は仲卸の会社で、社員は12人、生鮮から干物、冷凍品、練り物を含めた日配品を扱う。船橋産のものとしては魚市から仕入れるホンビノス貝がある。「社名の『魚類』は魚全般に深く通じているように、将来へ発展的な意味を込めて名付けました」と代表の中山さん。
「リブレ京成」などを展開する「京成ストア」や市原市を中心とする食料品スーパー「SENDOU」を経営する「せんどう」、「ジャパンミート」などスーパーマーケットへの卸売りがメインで、市場での一般客への小売りはしていない。仕入れは「魚市」が主体で、得意先にマッチした商品造りにより、キメ細かい対応のなかで供給システムを構築し「選ばれるベンダー企業」となっている。
毎日のスーパーからの注文は、コンピューターによる自動受発注システム及び事前の発注FAXにて成り立っている。配達をする中で、実際の店舗回りまた競合店舗及び市場調査としてMR(マーケテングリサーチ)により、時期にあった商品や今最も支持されている商品が何かを調査研究し、そこに合致する内容の商品を提案できるようにしているという。
「将来的には船橋市場の立地条件の良さを生かして、市場に密着した中で、千葉県にとどまらず関東でも業績を伸ばしていきたい」と思っています。それがひいては船橋市場の拡大につながると考えています」と中山さんは意欲的に話す。

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
特集/船橋の交通事情 日頃、私たちが何気なく通っている市内の道路。そんななか「この道路って、なぜこうなってるの?」「なぜいつもここで取り締りをしているんだろう?」と感じたことはないだろうか?その裏には「さまざまな事情があるはず!」と、今回、弊誌が独自に調査。疑問を解決し、危険性を知ることでより安全な街に近づくはず! ...
今月のピックアップ/三番瀬で150年、海苔を守り続ける ふな... 18歳から海苔師として約30年、5代目を継いでいるのが滝口光宏(47)さん。妻の千晃さん(44)は坂才丸のオリジナル商品のパッケージから、ふなっこ畑での商品のディスプレイなど営業部門を担当している。坂才丸の海苔は三番瀬で養殖したものを自社工場で加工、先祖代々続く海苔師として歴史を守り続けている...
ふなばし市場なう!/株式会社 ワールドラップ... 消費者の目線で最良の見せ方を提案 昭和58年創業の「ワールドラップ」は、大手や中小企業からの依頼を受け、スーパーや仲卸向け野菜の包装を行っている。取り扱うのは9割以上が野菜だが、時期によっては市場内にある他社の製品包装を請け負うこともある。 同社で行う包装作業のほとんどが、およそ100人の...
ぶらり、ふなばし街歩き/王子神社の周辺 (飯山満1丁目)... 真言宗豊山派の寺院・光明寺の山門前の道を右に折れると、王子神社があります。上飯山満村本郷集落の鎮守でした。 古い神社ですが、文久5年(1808)に再建されたもので、開拓の神様である建御名方神(タケミナカタノカミ)が祀られています。この神様が大国主命の第二子に当たるから王子(オウジ)と呼ばれている...
船橋の専門店Vol.17/たまごや とよまる & 鈴木米店... 船橋市内に点在する、多彩なジャンルの専門店。頼りになる、個性豊かな専門店をご紹介!   たまご専門店 たまごや とよまる 新鮮な卵を使用したスイーツも販売 農場から直送の新鮮な採れたて卵を販売 県内に3 農場と4 つの販売店を展開するたまご専門店「たまごや とよまる」。...
ぐるり船橋 街めぐり/中野木エリア... 成田街道と船取線が交差する地域今やラーメン激戦区にも 中野木交差点は船取線(県道8号線)と成田街道(国道296号線)が交差し、かつては交通渋滞で有名な場所であった。 2002年に船取線の高架橋が完成して交差点が立体交差になってからは、渋滞は大幅に緩和された。江戸時代には、成田街道は成田山へ...
ぐるり船橋 街めぐり/行田公園エリア... 歴史を見守ってきた行田の広大な台地に広がる公園 行田公園は広さ約3万6千坪。園内では夏祭り、マラソン大会、フリーマーケットなど、市民主体のイベントが開催され、多くの市民の活動の場ともなっている。 下総台地の一角だった行田は農地だったが、1915年(大正4)に海軍無線電信所が建設され、歴史的役...
ぶらり、 ふなばし街歩き/阿弥陀山 清房院(飯山満2丁目)...  清房院で案内するマイスター 飯山満緑地公園そばに位置する「清房院」。真新しい木肌の参道案内に従い、昔から阿弥陀山と呼ばれていた丘に続く坂道を上って行くと、立派な本堂があり、そこには見上げている兵馬俑像もあります。敷地3000坪の森閑とした所です。「二宮の史跡を尋ねて」(林清発行・非売品)によ...
今月のピックアップ/サラリーマンをやめた若者が 先祖代々受け... 享保7年、徳川吉宗の時代から前貝塚で生活していたという記録が残る木村家。長男の木村大樹さん(30)は、今春30歳を目前に脱サラをして家を継いだ。そして両親と一緒に働き始めた矢先、父大二郎さんに癌が見つかったという。「数カ月でも一緒に働けたのでよかった」と大樹さん。 現在、母親と一緒にハウス8棟...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ