2018年10月02日 配信

 

 

 

国内産の菓子を取り扱い
店先販売と市内外の取引先へ配送

 船橋市場が現在の場所に移転した1969(昭和44)年からこの場で菓子問屋として開業。それまで湊町に3店舗構えていたというが、市場に入ってからは1店舗での経営できているという。 店主は斉藤正己さん。妻・貴美子さんの父が初代として菓子珍味を扱う店舗を始めたものを引き継いだ。「物心ついた時から父は商売をしていたけれど、もともと父は東金出身で、店舗開業の際に船橋に越してきたと聞いています。私自身は見よう見まねで商売というものを覚えましたね」と貴美子さん。

 船橋市内から市川市など近隣市内の保育園、幼稚園、病院、小売店を相手に、仕入れ・販売・配送まで夫婦で協力して経営している。新製品はなるべく取り入れるようにし、定番商品に新製品など常に3000種くらいの商品を扱っているという。そのほとんどを国内産にこだわる。

 貴美子さんは「大型スーパーやコンビニができてから市場の様相が変わったのよね。開業当初は人も歩けないほどの人だかりで市場はにぎわっていたのよ」と懐かしそうに話す。

 最近ニーズとして増えているのは、夏祭りやクリスマス用の菓子の詰め合わせ、またバスツアー時のおやつとしても菓子の詰め合わせが多く出るという。「菓子はいろいろなものがあって楽しいのよ」と笑顔で話す貴美子さんがパッケージングを全て担当、正己さんは「季節に合わせた商品を2割ほど入れ替えています」と話す。

この人に聞きました!

 

丸金商店/斉藤貴美子さん

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
今月のピックアップ①×食べる... ふなばし朝市&7周年大感謝祭開催 周年祭は日頃の感謝を込め企画考案中                ふなっこ畑では、10月13日に「ふなばし朝市」の開催会場となり、その翌週20日・21日の土日2日間は「7周年大感謝祭」...
船橋・まちの味自慢/タイレストランSAP... 化学調味料を使わない 親しみやすいタイ家庭料理  京成船橋駅近くの路地にあるタイレストラン「SAP(サップ)」。昨年秋のオープンからまもなく1年を迎える同店は、気軽にタイ料理が楽しめる店としてリピーターも多い。  店主の西村廣美さんは12年前にタイに移住し、料理教室や語学学校に関わる仕事に...
船橋の専門店/珈琲専門店 珈琲豆のおおつか... 珈琲豆の品揃えは約40種類 5分で焙煎する珈琲豆専門店               JR津田沼駅北口を出てパルコB館の正面にある珈琲豆専門店。同店を経営するのは明治42年創業の(有)大塚商店。創業時は金物屋と...
ぐるり船橋 街めぐり/三山&東習志野エリア... 習志野市に隣接し大型店や工場も多いエリア マラソン道路は戦前は陸軍鉄道連隊演習線だった 三山8 丁目公園(仮)予定地    船橋市三山から習志野市東習志野にかけてのこのエリアは、京成実籾駅、京成大久保駅でから共に徒歩20~ 30 分ほどの場所...
特集/船橋でたのしむ落語...  落語は、江戸時代からテレビやラジオが普及した時代まで、芝居と並ぶ庶民の娯楽の中心だった。最近は落語に親しむ若者も増え、江戸時代以来の「落語ブーム」の到来とも言われている。船橋市内でも市民ホールなどの公共施設以外に、飲食店や寺などでも落語を楽しめる機会が増えている。 日常生活や人間模様が題材に。「...
今月のピックアップ②×暮らす... 映画「きらきら眼鏡」船橋先行上映 金井浩人さんら出演者が舞台挨拶に                「ららぽーとTOKYO-BAY」内の「T0HOシネマズららぽーと船橋」で9月7日、映画「きらきら眼鏡」が先行上...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ