2018年05月24日 配信

鴨に特化し、おいしいだけでなく
健康志向を取り入れた料理

 新京成線二和向台駅あるいは三咲駅から車で約10分、畑の中に突然と現れるのは、平成18年にオープンしたうどん、そば、鴨料理、会席料理屋の「竹林庭」。店を入るとロボットのペッパー君が出迎え客を和ませる。45坪の広々とした店内は竹林に面したり、庭園を鑑賞できたり、滝を眺められるなど、それぞれ趣の異なる部屋に分かれている。

 店主の室井福一さん(70)はもともと会社勤めをしてきたが、さまざまな職務を担う中で次第に独立心が強くなって50歳で意を決して退職し、鎌ヶ谷で蕎麦屋を始めた。のちに店を拡張するにあたり、周辺に霊園が多いことから法事で多くの利用客が見込まれる現在の地を選んで移転した。

 そば粉は北海道産石臼挽きそば粉を使用し、自家製手作りのうどんは太麺・中麺・細麺から選べる。鴨は国産の合鴨肉を使用。不飽和脂肪酸を多く含み、血中コレステロール値を低下させる作用があるといわれることから、健康を考えて鴨料理には特に力を入れている。

 「庭を眺めてくつろぎながらゆっくりと食事を楽しんでいってもらいたい」という室井さん。地域に密着するお店として地元のお客さんを大切にしている。宴会・法事の会食には無料の送迎サービスもある。

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
特集/新店も続々!立ちスタイルの飲食店... 特集 新店も続々!立ちスタイルの飲食店 最近、駅周辺にできた新しいお店に多いのが「立ち飲み」や「立ち食い焼肉」といった、立ったままで楽しむスタイルの飲食店。利用者としては、カウンター越しに店主との会話を楽しみながら、軽く飲み食いできる手軽さがうれしいところ。  一方、店舗側も、限られたスペースを...
特集/船橋を走る 移動販売車...   最近では全国でフェス系イベントが増えていることもあり、移動販売車の出店ニーズが高まっている。客との距離が近く、販売側もコミュニケーションも楽しみながら販売できるなど、いろいろなメリットがあるという。 市内にはどんな移動販売車が走っているか、みてみよう! ...
船橋・まちの味自慢/新日本料理 伸幸...   ☝どのコース料理でもステーキ料理を提供。船橋産のホンビノスは酒蒸しで   創業43年の日本料理店 4年前からは宅配の弁当も  京成船橋駅からすぐ近く、線路沿いのビルにある「新日本料理 伸幸」。1985年に現オーナー石毛利幸さんの父・武男さん...
今月のピックアップ①×食べる... 人々の足を毎日ふなっこ畑へ誘う 手作りジェラートと温かいスープ                 ふなっこ畑のジェラートコーナーでは、JAちば東葛野田地区酪農部会の生乳を使い、船橋ブランドの小松菜や...
船橋市内の子ども食堂                                     &nbs...
船橋市場なう!/石川水産... 一般客も気軽に買えるマグロ専門店を目指して マグロを取り扱う仲卸「石川水産」は、代表の石川美祐さんが3代目。現在の山口横丁が終戦後、露店が立ち並ぶ通りだった時代に、石川さんの祖父がその場所でマグロの販売を始めた。その後、船橋駅南口にあった民営魚市場に移転し、昭和47年から現在の船橋市場で営業してい...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ