2017年02月27日 配信

認知症による徘徊を守るネットワーク

船橋南部地域地域で唯一の病院として1940(昭和15)年に開設した「医療法人弘仁会 板倉病院」。2月1日から、レントゲン、CTなどこれまであった設備を一新するとともに、新たにMRIを導入した「放射線センター」がオープン。

船橋市で初めての取り組み

同医院では、既存の設備を新しくし、新たに導入するMRIによって、これまでよりも迅速で高品質な医療提供が可能になる。さらに同院ではこういった設備を同院だけの設備としておくのではなく、周辺の診療所にも活用してもらうことで、連携をとり、地域の診療所の医療の質を上げることもめざしている。

これまで、地域の診療所などではできない詳しい検査が必要になったとき、患者は設備のある病院へ行きそこで検査をし、さらにその検査内容を自らCDRなどで持ち帰り、かかり付けの診療所へ持参して診断をしてもらう、という流れをとるしかなかった。

今回板倉病院がこの設備を導入にあわせ新たに始める取り組みが、遠隔で撮影した画像をすぐに診療所で見ることができるようにするというもの。遠隔で画像をすぐに確認できる体制は船橋では初めてだという。また、撮影の翌日には放射線専門医の画像読影も行われる。そうすることで、診療所の医師と画像の専門家の二重のチェックが可能になる。

最新設備と専門医でもの忘れ外来も

同院では昨年より医療センターから引き継いで、もの忘れ外来を行っている。スピード問診表やCTでの認知機能評価に加え、今回MRIの導入により、脳の状態の評価、認知症の予防診断がさらに充実するという。

子どもにとって歩ける範囲に学校があるのと同じように、高齢者にとっては近くに掛かりつけ医がいることがとても重要となる。何か所見があったとき、すぐに詳しく調べることができる体制をつくるためにも、病院と診療所の連携が進むことが重要になってくる。「各診療所によって考えはさまざまですが、連携を図ること、いわゆる「病診連携」により実現できることは確実に増えるはずです。」と梶原先生。

同院では近隣の30ほどの診療所へ遠隔画像解析システムの案内を行っている。「地域の連携により、高齢者や患者さんが安心して暮らせる街づくりが可能になると思います」と梶原先生は笑顔ではなす。

取材協力
医療公人弘仁会 板倉病院 梶原崇弘院長

 

201702_fukukaii

 

 

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
船橋の高齢化社会を考える 福祉・介護・医療の連携/薬剤師によ... 薬の専門家薬剤師による在宅訪問サービス 在宅訪問サービスには訪問診療、訪問看護、訪問歯科、訪問リハビリ、訪問介護などが一般的に知られているが、薬のプロである薬剤師による訪問サービスも存在する。 本来、薬剤師は医師から処方された処方箋に基づき薬局で薬を調剤し、患者に薬を渡すが、薬剤師が自宅または入...
船橋の高齢化社会を考える福祉×介護×医療の連携/ 船橋市の新...  現在75歳以上の高齢者の約3割が介護認定を受けている。10年後さらに高齢化が進んだ時、同じ3割でも全体数が増えることで市民が受けられる医療や介護のサービス量が不足することが予想されている。住民主体の介護予防を推進する制度 平成27年度の介護保険法の改正により、船橋市は平成28年3月に介護予防・日常...
船橋の高齢化社会を考える 福祉×介護×医療の連携/高齢者の後... オレンジガーデンには4年前まで市の委託で、高齢者介護の相談受け入れ窓口として新高根・芝山地区の「在宅介護支援センター」が設置されていたが、同地区に地域包括支援センターが設置されることになり廃止となった。後継として「地域連携室」を立ち上げ、現在針生さんたちケアマネジャー3人で周辺地域に向け事業を展開し...
船橋の高齢化社会を考える/福祉×介護×医療の連携... 孤立死を防ぎ地域を見守るネットワーク 誰にも気付かれずに自宅などで亡くなる「孤立死」(明確な違いはなく同様の意味で使われる「孤独死」という言葉が広辞苑第6版にも記載があるが、この記事内では行政の使う「孤立死」で統一する)が問題になり、厚生労働省は平成24年5月に「孤立死の防止対策」について都道府県...
船橋の高齢化社会を考える/福祉×介護×医療の連携... 子どもたちも一緒に地域の高齢者を守る 市立全小学校で「認知症サポーター養成講座」開催 厚生労働省は2005年4月に「認知症を知り地域をつくる10カ年」構想を開始。 船橋市でも2006年から、認知症の正しい理解をするための「認知症サポーター養成講座」を開いている。 「世代を超えて地域で見守る」...
障がい者が就農できる 農園が船橋に/就労者と就労者管理の シ... 通称・船取線(県道8号線)から高根神明社へと抜ける道沿いに完成した障がい者の就農施設「わーくはぴねす農園船橋ファーム」(船橋市高根町595-1)の開所式が1月11日、松戸徹市長をはじめ約200人の参加で行われた。船橋ファームは県内6カ所目、同社運営の農園としては7カ所目の施設となる。 同農園を...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ