2016年10月27日 配信

201611_shittoku01_main

1次募集は12 月9日まで説明会も随時実施

船橋市を東西に分ける県道8号線(通称=船取線)沿いの高根町に知的障がい者が働く農園「わーくはぴねす農園船橋ファーム」が11月中旬をめどにオープンすることが分かった。

農園を運営するのは、エスプールプラス(千代田区外神田)。就業機会の少ないシニア、主婦、フリーター、障がい者などの雇用促進を事業として成長してきた。

近年、企業の障がい者雇用に関する関係法令の改正を受け、企業向け貸農園事業の「わーくはぴねす農園」シリーズが急速に需要を拡大。2010年に「市原ファーム」、2014年に「茂原ファーム」を開設すると、2015年には、「市原第2ファーム」「茂原第2ファーム」「千葉わかばファーム」の3園を同年にオープンさせている。

遊休地や調整区域を大きく開発し、大規模な敷地を確保。コンテナハウスを利用した管理棟や大型冷蔵庫、加温機などを活用してパイプハウスで農産物を製造し、清潔感のあるビニールハウスの中で作業をするという環境だ。駅から遠い所にある施設では送迎バスを活用、新設する船橋ファームでは西船橋駅、船橋駅から無料送迎も行う。農業指導のできる農園管理者、農業技術指導者、雇用継続アドバイザーなどを現場に配置、低離職率を実現している。

同社のビジネスモデルは、「障がい者雇用をしたい」という大手企業のニーズと、「安定して働ける条件の良い会社を探している」という障がい者とその家族のニーズの間に立ち、障がい者が働きやすい場を提供するサービス。大手企業との雇用契約になるので、賃金保証もしっかりしており利用者は平均11万円の月収を受け、障がい者年金の継続受給も受けている。

また、「これまでの農園では周辺の福祉事業者さんとの連携で、就職したい多くの方々にご利用して頂きました」と、担当の岡本暁さん。就労の実現に向けた数々の取り組みで「過去5年間の定着率は95パーセントを維持しています」とも。説明会日程、時間等詳細は左記問い合わせ。

問合せ
エスプールプラス
TEL 0120-99-7212
メール/ shuurou@spool.co.jp
FAX/03-6859-6556
HP/ http://shuurou.spool.co.jp

 

201611_shittoku01_1

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
知っトク!?ふなばし/日本で世界トップ水準の家をつくりたい!... 日本で世界トップ水準の家をつくりたい!プレアホームの挑戦 船橋市役所近くに本社を構えるプレアクリエイト(代表=鈴木芳彦)が今秋、 宿泊体験型モデルハウスオープンをめどに、高気密・高断熱に特化した低燃費住宅事業に乗り出す  同社が進める高気密・高断熱住宅は、ドイツの先進事例に基づき日本に適した建...
船橋を語ろう!/海老川親水祭実行委員会 会長 相澤 友夫 氏...         桜の時期になると市民の目を楽しませてくれる海老川ジョギングロードの桜並木。長年にわたって、桜並木を整備してきた海老川親水市民まつり実行委員会と環境を考える市民の会とはどういった団体なのだろうか? 山﨑 今回で33回目を迎える海...
識者に聞く/家計にも身体にも優しい 「低燃費住宅」とは?... マイホームを建てる際に重要な耐震性・ デザイン性のほかに”家の燃費“について注目  家にも燃費があるのをご存じでしょうか?普段通りの生活をして、室温を快適に保つために年間10万円の光熱費だったのか、暑さや寒さを我慢してギリギリまで節約をした結果、年間10万円の光熱費だったのかでは、まったく違っ...
ぶらり、ふなばし街歩き/金杉谷津から御滝山金蔵寺 (御滝不動...  金杉谷津から金杉緑地を抜けて住宅街の短い急坂を下ると金杉台団地です。団地の途中から金杉さくら市民の森に入ります。植生されたヒノキと雑木の小さな森ですが、下草が刈られ日差しの届く森は春蘭、山百合などの植物が早春から夏へと咲き継ぎ、季節の移ろいを感じられる場所でぶらり、ふなばし街歩きす。歩き始めてから...
ぶらり、ふなばし街歩き/王子神社の周辺 (飯山満1丁目)...  飯山満駅駅前広場から北に数分行くと、倶くりから利伽羅竜王を祀るお堂があります。樹木に覆われた静かな一角にあるホッとする場所です。境内の入口に倶利伽羅不動と彫られた道標や庚申塔が並んで立っています。植物の種類も多く、船橋名木10選の樹高19.5mのエノキが特に目を引きます。  ヒガンバナが咲く...
今月のピックアップ/サラリーマンをやめた若者が 先祖代々受け... 享保7年、徳川吉宗の時代から前貝塚で生活していたという記録が残る木村家。長男の木村大樹さん(30)は、今春30歳を目前に脱サラをして家を継いだ。そして両親と一緒に働き始めた矢先、父大二郎さんに癌が見つかったという。「数カ月でも一緒に働けたのでよかった」と大樹さん。 現在、母親と一緒にハウス8棟...
高根町に伝統的な「上総掘りの井戸」、コンゴ民主共和国から研修... 5/28(日)高根町に伝統的な上総掘りの井戸を建設中 コンゴ民主共和国からの研修も      高根町にある持井工務店(船橋市高根町1488、TEL 047-439-1678)の資材置き場の一角で5月22日、伝統的な技術「上総掘り」を用いての井戸の建設...
今月のピックアップ/家族4人で助け合いながら役割分担 それぞ... 豊富の1ヘクタールの土地で約30種類の切り花や約50種類の野菜を栽培しているのが、高橋栄ひでと登さん(39)と妻の三枝子さん(33)、栄登さんの両親の4人。 祖父母の代は花の栽培がメインだったが、今はそれに加え直売所のみに出荷している野菜を多品種少量で栽培している。「野菜栽培にだんだんシフトし...
今月のピックアップ/種から育てる野菜作りにこだわり 小松菜を... 船橋を中心に、市川、東京大田区の3市場メインで年間約15万束を出荷している小松菜農家の藤田均さん。大学卒業後、種苗会社で勉強し23才で農業を始め、今年31歳になる。祖母と両親との4人で毎日500~600束を目標に出荷。妻の明日香さんは10カ月になる大翔くんの子育てで目が離せない毎日だ。 藤田さ...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ