2018年07月25日 配信

 

 

 

 

今年もやってきた、梨のシーズン。船橋市民なら、やっぱり「船橋のなし」を味わいつくそう!

全国に誇る「船橋のなし」

 千葉県は、梨の「収穫量」「栽培面積」「産出額」において全国ナンバー1! 県内の梨生産額は、上位から白井市、市川市、鎌ケ谷市、船橋市となり、船橋市は県内4位。まさに船橋市は全国有数の「梨」生産地といえるだろう。市内には約120件の梨農家と、約100件の直売所がある。多くは「幸水」「豊水」「新高」の3種を中心に栽培し、8月上旬から9月にかけてピークを迎える。 ピーク時には各農家の直売所にみずみずしい梨が並び、毎年、贈答品や自宅用に梨を買い求める人が多く見受けられる。今年も農家のみなさんが手塩にかけて育てた「船橋のなし」を堪能しよう!

TOPICS
梨農家が剪定した枝はこんな使い方も!

条例で野焼きができないため、梨農家は剪定した枝を有料で処分しなければならない。しかし、その枝を有効活用してもらえれば、みんながハッピーに!

●ピザ店でピザ窯の薪に
湊町のピザ店「コンパーレ・コマーレ」では剪定した梨の枝をピザ窯の薪として使用している。梨農家が処分に困っていたことから、2014年ごろ、市の経済部が「梨の枝を有効に活用できる企業や場所はないか」と各方面に打診。その結果、同店にたどり着いた。「梨の木は堅い木なので火が柔らかく長く燃える。しかも非常に経済的」とオーナーの吉田さんは話す。

●ほかにも…
2018年3月まではJAいちかわを通して、剪定枝を元にしたバイオマス発電への取り組みが実施されたほか、過去には、陶芸教室の窯用に枝を提供する農家もあった。

梨の剪定枝を有効活用できる方・してみたい方がいらしたら、MyFuna編集部(☎047-421-1777)までご連絡ください

■船橋の梨MAP
梨農家の直売所は各エリアにたくさん。農家によっては、秋~初冬も楽しめる「かおり」や「にっこり」といった品種を栽培しているところも。市内各所の梨農家の梨を楽しもう!

注目! 「船橋のなし」ふなっしーパッケージ

今年も登場! 「ふなっしー」デザインの「船橋のなし」パッケージ。5キロ箱(画像・上)は2018年バージョンにデザイン一新。市内の限られた直売所(上記参照)およびランドローム三咲店丸あ商店(東武船橋店地下)、専用サイトで販売中!

 

TOPICS 2
「船橋のなし」売り上げの一部は震災孤児の援助に

ふなっしー梨箱やPRに関するふなっしーの著作権料は、東日本大震災の震災孤児・遺児の支援として「みちのく未来基金」に毎年寄付をし、寄付金はすべて子どもたちの進学支援にあてられている。

 

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
特集/船橋のなし2018 梨スイーツ&梨グルメ編... 梨の産地だからこそ味わえる、梨スイーツがいっぱい! 季節限定メニューもあるので、見逃さないで。 ーーー マカロン専門店ならでは! 船橋のなしマカロン1個210円 クリームに「船橋のなし」の「幸水」のピューレとフランス産のラ・フランスも使ったマカロン。生地には梨汁を少々、ホワイ...
船橋のなし「ふなっしー梨箱」も、今夏分いよいよ出荷開始へ... 8/13(日)船橋のなし「ふなっしー梨箱」いよいよ出荷 予約者へ発送のほか店頭販売も    船橋市地方卸売市場(船橋市市場1-8-1)に2017年バージョンのふなっしー梨箱が入荷、インターネットなどでの予約注文分の発送が始まった。   7月1日から「船橋のなし」公式ホ...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ