2018年06月21日 配信

 

 

 

船橋市内の小学校や中学校を卒業し、今は音楽家として日本各地、世界を舞台に活躍する音楽家をご紹介! 船橋市内でも活動していることもあるので、ぜひチェックしてみて。

バイオリニスト
志村 寿一(ひさいち)さん
前原小学校、前原中学校卒業

 前原小・前原中出身で、現在は米国を拠点に日本やメキシコ、ドイツなど世界各地でバイオリニストとして活動している志村さん。高校卒業後、ジュリアード音楽院の教授ルイス・カプラン氏の強い勧めにより渡米し、マネス音楽大学へ。その後ニューヨークに在住し、多岐にわたる演奏活動を行っている。 昨年10月には習志野台公民館で地元中学生と共演するなど地元での活動も。2016年に設立した音楽の会「寿音」を通して、”身体と音楽との調和“を目指した講習会や演奏活動など、近年は日本にも活動の拠点を広げつつある。

 

習志野台中学校の生徒とアンサンブルを披露。左から2人目が志村さん

Profile
前原小、前原中学校出身。高校卒業後は米国マネス音楽大学に入学。在学中にアーティスト・インターナショナル・オーディションに合格し、カーネギー・ワイル・リサイタル・ホールでニューヨーク・デヴュー・リサイタルを行う。現在、カユーガ室内管弦楽団・首席奏者、LIU 室内楽音楽祭( ニューヨーク)・講師、東京藝術大学・非常勤講師などを務める。弦楽雑誌「サラサーテ」において「身体と音楽との調和」連載中。


オペラ指揮者
吉田 裕史(ひろふみ)さん
法田中学校卒業

 日本人としては初となるイタリアのオペラ界の名門・ボローニャ歌劇場フィルハーモニー芸術監督に就任し、同歌劇場首席客演指揮者の吉田さんは法田中学校の出身。東京音楽大学指揮科及び同研究科修了後は国内で経験を積み重ね、オーストリア・ウィーンへと渡った。イタリア、ドイツ、フランスなど各国で指揮を執り、平成26年にはボローニャ歌劇場フィルハーモニー芸術監督に、平成27年には同歌劇場主席客演指揮者に、それぞれ日本人として初めて就任した。市内では船橋市交響吹奏楽団を創立し、昨年10月には母校法田中で生徒の演奏の指揮を執るなど、市内でも活動している。

ボローニャ歌劇場フィルハーモニーと 法田中の創立70周年記念式典で同校吹
奏楽部の演奏の指揮を執った

Profile
法田中学校、国府台高校、東京音楽大学指揮科卒業後、同研究科修了。2006年よりイタリアを拠点に活動をスタート。2007年にはローマ歌劇場カラカラ野外劇場にて日本人初の指揮を執り、2010年にはイタリアのマントヴァ歌劇場の音楽監督に就任。イタリアの歌劇場の音楽監督就任は日本人初のこと。2014年にはボローニャ歌劇場フィルハーモニー芸術監督に、翌年には同歌劇場首席客演指揮者に就任し、昨年、3年間の任期延長が決定している。


チェリスト
植草 ひろみさん
船橋幼稚園、船橋中学校卒業

 東京藝術大学卒業後、10年間、新日本フィルハーモニー交響楽団に在籍。その後14年間、聖徳大学で講師を務めた。国内外のアーティストのコンサートやレコーディングに多数参加し、NY のカーネギー・ホールなど海外での演奏活動も。現在、5枚のCDと3つのハイレゾ配信アルバムをリリース。コンサート出演、ラジオ番組のパーソナリティも務めるほか、ベジタブル&フルーツアドバイザーの資格も持ち、活躍の幅を広げている。

 

船橋市きららホールでの生徒たちの発表会 多数のCDアルバムをリリースしている

Profile
東京藝術大学卒業後、10年間、新日本フィルハーモニー交響楽団に在籍。その後14年間、聖徳大学で講師を務めた。国内外のアーティストのコンサートやレコーディングに多数参加し、NY のカーネギー・ホールなど海外での演奏活動も。現在、5枚のCDと3つのハイレゾ配信アルバムをリリース。コンサート出演、ラジオ番組のパーソナリティも務めるほか、ベジタブル&フルーツアドバイザーの資格も持ち、活躍の幅を広げている。


 

アイルランド音楽演奏家
豊田 耕三(こうぞう)
三山東小学校、三山中学校卒業

 

2016年、アイルランド伝統音楽のコンクール「オール・アイランド・フラー・キョール2016」でアジア人初の3位入賞という快挙を成し遂げたアイルランド音楽演奏家。豊田さんは、三山中学校時代は吹奏楽部に所属。大学4年の時からアイリッシュ音楽にのめり込み、大学院1年の春にはアイルランド伝統音楽サークル、通称「g-celt」を立ち上げ、1年間で100本のライブ活動をするほどまでに。卒業後は演奏家として坂本龍一氏やゆず、葉加瀬太郎氏などとの収録にも参加。現在は自宅でレッスンを行うほか、全国各地でライブ活動も行う。また、二宮神社のお囃子神楽連にも所属し、伝統芸能の担い手としても活躍中。日本で初となるアイルランドの大規模フェスティバル「FisdaM」を立ち上げ、今年1月、長野県松本市で第1回を開催した。

アイリッシュパブでのセッション 右からアイリッシュフルート、ティン・ホイッスル。
アイリッシュ音楽を中心としたアルバムもリリース

Profile
1981年、東京都生まれ。1989年、三山東小学校へ転入し、三山中学校、千葉高校を卒業。2007 年に東京藝術大学大学院を修了後、演奏家として活動を続ける。2014年 にはテレビ東京「オレゴンを歩く」 テーマ曲を作曲、提供。2016年、「オー ル・アイランド・フラー・キョール2016」でアジア人初となる 3位入賞。昨年12月にはテレビ朝日「題名のない音楽会」や、アイルランドの国宝級バンドThe Chieftains の日本公演にも出演。

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
ぐるり船橋 街めぐり/北本町エリア... 広大な水田と工場地域が日本を代表的する都市モデルへ   新船橋駅に向かう道路   森のシティさくら公園    船橋駅から北西方面に位置する北本町には、東武アーバンパークライン新船橋駅を中心に商業・住宅地域である「...
子育て情報局/夏見台幼稚園・保育園「親子登園広場 なつみの森... 発芽玄米和食レストランで「腸内環境」を整える食事を提供ベビーマッサージ教室も開催        夏見台幼稚園・保育園では、園内に「発芽玄米和食レストラン」が9月にオープンし、「親子登園広場 なつみの森」と名付けた新たな子育て支援がスタートした。 ...
障がいと高齢の福祉を考える 福祉・介護・医療の連携/高齢者訪...  船橋市では、国の指針に従い、介護と医療が連携し、高齢者が安心して在宅生活を継続できるよう支援する「定期巡回・随時対応型訪問介護訪問看護」と「訪問介護」というサービスを提供するシステムを構築している。  現在、市内7事業所が展開。連絡会で情報の交換を行い、フォーラムなども開催したが、認知がなかなか...
船橋の病院/船橋二和病院... 女性の一生に寄り添い、すべての女性のために 産婦人科30周年、産婦人科病棟再開に向けて    船橋二和病院は、1981(昭和56)年に開院。患者や、地域住民の命と健康を守る24時間体制で、主に北部地域の拠点病院の一つとして、予防からリハビリテーションまで一貫した...
船橋を語ろう!第120回/船橋薬剤師会 会長 杉山宏之 氏... 同会の副会長を務め、2018年の5月に会長に選出された、また継続して現在も千葉県薬剤師会の理事を務めている杉山宏之さんに、これまでの活動と今後力を入れていこうとしている取り組みについて伺った。 船橋薬剤師会とは、どういった組織でしょう  昭和57年に発足し、会長1人、副会長2人、理事が7人、...
ぐるり船橋 街めぐり/小室町エリア... 船橋北部の自然豊かな住宅地鉄道と幹線道路が交差する市域 ロータリーの階段を上り、眺めのいい陸橋を渡ると「小室駅」    船橋市の最北部に位置する小室町。東側の神崎川と西側の二重川により開析された三角状の台地にあり、その川沿いの低い土地には水田が広が...
知っとく!?ふなばし 低燃費住宅のプレアクリエイト... 宿泊体験可能なモデルハウスオープン予定 本社もリニューアル   来春完成予定の低燃費住宅モデルハウス    国道14号沿い、船橋市役所近くに本社を構える住宅の設計・販売の「プレアクリエリト」(船橋市南本町 8-24 電話047-403-13...
第25回 船橋幼児ミニサッカー大会 開催!... 今年も「船橋グラスポ」で12月2日、幼児たちのミニサッカー大会が開催される。同大会は、船橋市内の幼稚園で実施されているサッカースクールのほか、各チームと交流のある関東近郊のチームが参加して行われる大会だ。  大会会長を務める内海陽一さんは「子どもたちがサッカーなどのスポーツを通して、友達との親睦を...
特集/船橋を走る 移動販売車...   最近では全国でフェス系イベントが増えていることもあり、移動販売車の出店ニーズが高まっている。客との距離が近く、販売側もコミュニケーションも楽しみながら販売できるなど、いろいろなメリットがあるという。 市内にはどんな移動販売車が走っているか、みてみよう! ...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ