2018年05月08日 配信

市内各所が映画やドラマ、紀行番組や情報番組のロケに使われているのを知っているだろうか?特に市では、船橋ロケーションガイド「ふ
なばし撮ぉりゃんせ」(広報課内)を窓口とし、これまで150作品以上(平成27年〜平成30年3月現在)の撮影を支援してきている。そ
の中で、特に映画やドラマに絞り、ランキング形式でどこがロケ地として多く使われているのか、作品とともに紹介していこう。写真・文/大西俊子、ロケ写真/船橋市広報課提供

第1位船橋市庁舎10回(映画3回・ドラマ7回)

市役所としての設定で使われることはほとんどなく、警察署や裁判所、銀行や病院に見立てられたロケの依頼が多いとのこと。メイン玄関は平日の開庁時間内は使えないので、早朝だったり、土日の市役所でロケが行われたりしていることも。

映画「22年目の告白~私が殺人犯です~」(2017)

昨年6月10日公開の日本映画で、2012年の韓国映画『殺人の告
白』をリメイクしたスリラー映画。市役所入口にある「船橋市役所」
の看板が「警視庁市ヶ谷警察署」に取り換えられ、警察署に見立て
られている。

出演:伊藤英明、岩城滉一、竜星涼ほか

ドラマ TBS「わたしを離さないで」(2016)

2017年ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロによる2005年
発表の長編小説。市役所のロビーで書類の確認をしてもらうシーン
の撮影が行われた。

出演:綾瀬はるかほか

 

2位 高瀬下水処理場 9回(映画1回・ドラマ8回

ウルトラマンや仮面ライダーなどの特撮、刑事もので逃亡者と警察の攻防シーンなど、緊迫感あるアクションシーンがたくさん生まれてい
るロケ地。特に地下に広がる管廊での撮影は要望が多いという。

ドラマ テレビ朝日「BG~身辺警護人~」(2018)

人を守るBG(ボディガード)の泥臭く、熱い、人々の思惑が交錯する人間ドラマ。高瀬下水処理場の地下道を使って、石田ゆり子扮する政治家と、彼女を守る木村拓哉扮するBGが逃亡するシーンが撮影された。

出演:木村拓哉、石田ゆり子ほか

ドラマ テレビ東京 ウルトラマンオーブ」(2016)

円谷プロダクション制作の特撮ドラマ。地下管廊では敵との攻防シーンなどの撮影が行われた。
出演:石黒英雄、柳沢慎吾ほか

3位 船橋市地方卸売市場 5回(ドラマ5回)

多くの業者が働く市場。市場では魚や野菜の卸売場以外にも、肉店や飲食店などもロケ地としての利用がある。時には、エキストラ出演の協力もあるという。

フジテレビ「Chef~三ツ星の給食~」(2016)

三ツ星レストランの天才女性シェフが挫折を経験し、テレビ番組の企画で「学校給食」を作ることに。食材の買い出しシーンで市場関連棟内の肉店で肉を選ぶシーンを撮影。

出演:天海祐希、小泉孝太郎ほか

ドラマ TBS「私 結婚できないんじゃなくてしないんです」(2016)

美容皮膚科医のアラフォーヒロインが、市場で食事するシーンを田久保食堂内で撮影。

出演:中谷美紀、藤木直人ほか

4位ふなばし三番瀬海浜公園(映画1回・ドラマ3回)

東京から近い立地もあり、利用しやすいロケ地になる。映画「きらきら眼鏡」(P.9参照)でも三番瀬でのシーンがある。

ドラマ NHK「この声をきみに」(2017)
 
NHK総合「ドラマ10」枠で放送。数学講師が人生を変えたいと訪れた「朗読教室」での、女性講師と個性豊かなクラスメイトによる成長物語。
出演:竹野内豊、麻生久美子、杉本哲太、片桐はいりほか

5位 船橋漁港 2回(映画1回・ドラマ1回)

映画やドラマでの回数は少ないが、バラエティや情報番組ではよく取り上げられ、船橋でドラマや映画に限らなければロケ地として32回以上のダントツ1位。名産のホンビノス貝やスズキなどが紹介されている。

映画 「僕だけがいない街」(2016)

千葉県在住の三部けいの同名コミックが原作。船橋市と苫小牧市(北海道)をメインロケ地にしている作品で、船橋漁港のみならず、市庁舎(P.6参照)など船橋市で多くの撮影が行われた。

出演:藤原竜也、有村架純、石田ゆり子ほか

映画「きらきら眼鏡」

船橋での映画公開がついに決定!
9月7日先行放映も決定!

 「TOHOシネマズららぽーと船橋」で、映画「きらきら眼鏡」の船橋劇場上映が決定した。2016年に船橋市出身・在住の作家森沢明夫さん原作
の「きらきら眼鏡」を映画化するプロジェクトが立ち上がり、2017年4
月に決起会が開催された。9月には市民オーディションが行われ、市内各
地でロケが始まった。
 同時に船橋での上映を目指して署名活動も始まり今年2月、映画「きらきら眼鏡」の船橋劇場上映を目指して集めた9064人分の署名を「TOHOシネマズららぽーと船橋」の支配人に手渡す「署名手交式」が行われた。

 

 

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
今月のピックアップ/「宅配ガイドマップ」が リニューアル... 「宅配ガイドマップ」がリニューアル  船橋市では主に高齢者を対象とした買い物支援の冊子「地域のお店 宅配ガイドマップ」をリニューアルし、3月15日から配布している。  同冊子は2016(平成28)年に初版を発行。当時、県内で初となる「宅配ガイドマップ」が完成した。高齢者福祉課が担当し、船橋市...
インタビュー!ふなばし子ども未来予想図/社会福祉法人あけぼの... 社会福祉法人あけぼの会・あけぼの福祉会 弥生保育園   園長 小野 早苗さん 今年2月に新園舎を増設した弥生保育園。 創設40年を迎えた同園の小野早苗園長に、園の特徴を伺った。 弥生保育園とはどういう保育園ですか?   同園は社会福祉法人の「あけ...
ぐるり船橋街めぐり/北習志野エビス通り商店会... 全長800mにおよぶ並木道の商店会  バリエーション豊かな店が並ぶ  「北習志野エビス通り商店会」は、1966年に開業した新京成線北習志野駅の東口を出て高根台方面にのびる商店街。2009年に駅の東口駅前にペディストリアンデッキが設けられ、駅前から伸びる4つの商店街への徒歩での移動...
今月のピックアップ/ふなっこ畑... 船橋近郊の農家から 毎朝届く新鮮な農産物を販売  JAちば東葛の農産物直売所「ふなっこ畑」は2011年10月にオープン。約200件の登録農家が毎朝運んでくる新鮮な農産物を販売し、「地産地消」の拠点としてオープン以来多くの人に利用されている。  販売する野菜は、船橋産ブランドの小松菜をはじ...
MyFunaカード加盟店 船橋市に寄付/MyFuna編集部... 6/3(金)MyFunaカード加盟店 船橋市に寄付/MyFuna編集部 MyFuna義援金募金から263,025円を寄付      千葉県船橋市で唯一のタウン情報誌『ふなばし再発見!!マガジンMyFuna』編集部(船橋市本町2-2-7/山﨑代表)では、3月...
ただいま活動中!/ニコ∞mama... ニコ∞mama               ママの笑顔を無限大に 子育て世代のママサークル  船橋市内を中心に活動する、子育て世代のママ起業家たちが運営する「ニコ∞ mama」。同団体は、ワークショップなど...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ