2019年06月04日 配信

全国中学校総合文化祭出場
関東中学校演劇コンクール銅賞受賞
船橋市中学校演劇部夏・冬の発表会学校演技賞受賞

御滝中学校演劇部は平成20年創部の比較的新しい部。創部10年目にして全国大会出場を果たした。2018年8月の猛暑の中、長崎県で行われた全国中学校総合文化祭で、同じ「被爆地」広島県の戦後をテーマに扱った『そらふね』を展開した。

部員数/28人(1年生6人、2年生10人、3年生12人)
※2019年3月現在
顧問/中原悠里先生、内藤咲乃先生

「自分じゃない自分」に出会える
演劇に対する熱い想いを皆で共有
 御滝中学校演劇部は基本的に生徒が自主的に話し合った中で伝えたいテーマを決め、そのテーマから脚本を選び芝居をしている。
 
 スケジュール管理や演出の係を決め、お互いの意見やアイデアを出し合い膨らませていく。その過程では時に意見の食い違いも生じるが、いい芝居を作り上げることへの思いを共有しているので、一つ一つ解決し団結していったという。
 
 筋トレや発声練習から、エチュードなどの表現練習を重ね、上演に向けてキャストは稽古を、スタッフは作業を進めていく。内藤先生は、「生徒主導で私たちはサポートを心がけている」と話す。キャストも黒子スタッフもオーディションで決定。中原先生は選定理由を述べて発表するので、皆納得の上与えられた役を全うした。
 
 全国大会で演じた原爆劇『そらふね』では劇中歌にもチャレンジした。ほかにも「SAKHALIN」など戦争に関わるものを選んだが、その代の志向が前面に出るという。当時部長の新津紋香さんは「全国出場が初のことだったのでプレッシャーがあったが、練習の成果を出せて本当によかった」と話し、今年度部長を務める大澤美結さんは、「これからも一人ひとり責任を持って役割に取り組んでいきたい」と抱負を話した。
 
 
 
(写真・文/大西俊子)
MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
プラネタリウム館と演劇のコラボ-御滝中演劇部の関東出場記念公... 3/20(金)プラネタリウムと御滝中演劇部がコラボ演劇部とプラネタリウム館の初コラボ        船橋市総合教育センタープラネタリウム館(船橋市東町834、TEL 047-422-7732)で3月15日、「プラネタリウムと演劇のコラボレーション」と題...
千人でつむぐ音楽の輪/千人の音楽祭... 1/30(日)第18回千人の音楽祭/船橋アリーナ 船橋から発信する 千人の音楽メッセージ 米国ワシントン州 ブレイン高校    小中高校生など学校バンドをはじめ社会人バンドの活動など音楽の盛んな船橋市ならではの音楽祭が毎年この時期、船橋アリーナを会場として行われる。...
船橋を語ろう!/船橋市青少年相談員連絡協議会 会長 別府 曉...             相談員だった母からの「お前も相談員になってまとめ役をやるように」との意思を受け継いだ別府さん。会長職に就くのは2回目。船橋市青少年相談員や協議会について、その魅力などを伺った。 青少年相談員協会とは...
特集 船橋の昭和レトロな店... 古いものを敢えて取り入れ、レトロ感を演出する店も多い。新元号「令和」を迎えた今、最近オープンしている店でありながら、昭和の雰囲気が漂う店をピックアップ! 西船橋:ギンダコ西船横丁 昭和時代にタイムスリップ いろいろな店をハシゴできる横丁通り   ▲店内は日中も提...
船橋市内のオレンジカフェ(2019/5/20~2019/6/... 認知症カフェはオレンジカフェとも呼ばれ、認知症の人やその家族、地域住民、専門職などのだれもが気軽に集える場で、認知症の専門スタッフに相談する事ができるカフェです。安心して出かけられる息抜きの場や、地域住民同士の繫がりを作る場として広がりを見せています。是非ご参加下さい♪   &nb...
船橋を語ろう!/船橋市スポーツ推進委員協議会 会長 野口 俊... 東京2020オリンピック・パラリンピックを迎えるにあたり、船橋市スポーツ推進委員協議会の果たす役割や、これから尽力していきたいことなどについて、同協議会会長を務める野口俊光さんに伺った。   船橋市スポーツ推進委員協議会とは、 どういった組織なので...
ただいま活動中!船橋ピアチェーレ・オーケストラ... ▲船橋市民文化ホールで開催された第7回定期演奏会 船橋ピアチェーレ・オーケストラ 代表/荒川隆   会員数/46人 連絡先/piacereorchestra@yahoo.co.jp 活動日/日曜日の午後(月2〜3回) 活動場所/船橋市内公民館(中央/葛飾/海神) 船橋市勤労市民センタ...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ