2018年11月03日 配信

人々の足を毎日ふなっこ畑へ誘う

手作りジェラートと温かいスープ

 

 

 

 

 

 

 

 

ふなっこ畑のジェラートコーナーでは、JAちば東葛野田地区酪農部会の生乳を使い、船橋ブランドの小松菜や旬の野菜や果物を使ったオリジナルなジェラートの販売を行っている。ミルクと小松菜は通年販売、ほか季節に応じ8種類ほどを毎朝厨房で作っている。これからの時期は栗、りんご、みかん、サツマイモなどが登場する予定。
 同コーナーでは、ジェラートで使用している生乳と旬の野菜を使った日替わりスープも販売。これまでも冬期限定で販売していたが、来店客からの要望が多く、現在は通年でミルクベースを中心に販売している。

 「ジェラートやスープは、お客さまからご好評いただいています。毎日通い、違った味を食べて、味の食べ比べなどを楽しむお客さまもいらっしゃるほどです」と話すのは、ふなっこ畑の郡司博亘さん。「毎日丹精込めて作っているジェラートに、これから寒い時期に入りますので、是非わたしたちの自慢のスープで体を温めに、ふなっこ畑に来てください」と郡司さんは微笑む。
 販売は10時から15時。ジェラートは全種類350円、スープ1杯200円(以上税込み)。日曜日はジェラート全品20 %オフになる。

 

 

 

 

 

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ