2019年02月07日 配信

西海神の氏神 龍神社を訪ねて

西船橋駅北口の階段をおり、右手の自転車置き場を通り、新しくなった西図書館を過ぎてJR線に沿って歩いていくと大きな跨こ線橋が見えます。その下を通って左に行くと西海神地区の氏神の「龍神社」の石碑が見えてきます。この龍神社の祭神は綿津見神(わたつみのかみ)と言われ海上の安全ぶらり、ふなばし街歩きを祈願する神様です。神社の境内には、御手洗の池があり、弘法大師の「石芋」の伝説や「方葉の葦」の伝説などがありますが、この神社で素晴らしいのは、本殿壁面や羽目板など本殿のいたるところに彫られた彫物が見事なことです。左壁面の「養老乃瀧」図、裏壁面の「司馬温公甕割り」図、右壁面の「神功皇后奉珠」の図や脇障子の「手力男命」「天之岩戸」「八百万神」「楽奏」などとても見事な彫物です。昭和三年に造替時に作られたものだそうで当時著名な後藤一派の作品と言われ、市内でも有数の神社彫物です。小さな神社ですがお参りするばかりでなく、本殿をぐるっと廻ってみると、新しい発見があり楽しいですよ。早く市の指定文化財にならないかな。

龍神社
彫物
MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ