2016年11月22日 配信

machiaruki_logo

201611_machiaruki_01

江⼾時代の絵図を⾒ると飯⼭満川は⼤神宮の前を流れる川として描かれています。旧五⽇市村の⽥に⽔を引く灌漑⽤⽔路として利⽤されていました。⽔路は暗渠になってしまい、本流は鷹匠橋の上流で海⽼川に合流して
います。冬の季節には渡り⿃たちをよく⾒かける地点です。

飯⼭満⾕津歩きは⼋栄橋から飯⼭満古和釜線の道路を⽶ヶ崎⽅⾯に向かい、船橋我孫⼦線に出て、船取線沿いにある「能満寺」やその先にある旧下飯⼭満村の鎮守「下飯⼭満神明神社」に⽴ち寄ってから、脇道に⼊ってみましょう。⼩⾕が⼊り組んでいる⼀帯に出ます。「⾕津⽥」「⻄⾕」と呼ばれる⾕が⼊り込んだ所で、旧
下飯⼭満村の中⼼はこの付近だったそうですので、船橋は⾕津から発展した街ということになりますね。

集落を抜けると芝⼭に⾏く道に出ます。「⼤ 森道」と呼ばれる古い道で、⾕津の低地を抜け、芝⼭に出る道です。⾕津を渡る時は割った⽵を泥地に敷いた道を歩いたそうで、さぞ難儀したことでしょう。

201611_machiaruki_02

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
船橋運動公園「ホタルの里」無料開放/今年は6月6日から6日間... 船橋市運動公園(船橋市夏見台6-4-1 TEL 047-438-4461)内に設けられたホタル人工飼育施設「ホタルの里」では、6月6日から6日間にわたり一般開放する。 船橋市内でもホタルを鑑賞できるスポットがいくつかあるが、「ホタルの里」は例年1000匹ほどのホタルを見ることができる。自然の大...
船橋大神宮で奉納相撲大会 東北地方からの参加者も... 秋晴れの中50人が熱戦 船橋大神宮(船橋市宮本5-2-1)で10月20日、毎年恒例の「船橋大神宮奉納相撲大会」が秋晴れの中行われた。 同大会は天正18(1590)年、徳川家康が東金へ鷹狩りに行く途中船橋御殿に宿泊した際、家康をもてなすために地元住民らが漁師の子どもたちを集めて相撲を取らせたこ...
津田沼ミラクル2016 津田沼駅周辺6か所で11月21日まで... 習志野ソーセージ取扱店シールラリーも同時開催 津田沼駅(習志野市津田沼1)周辺で、スタンプラリーや企画への参加特典で街の活性化を狙う「津田沼ミラクル2016」が10月22日から開催している。内容は、参加者が駅周辺商店会の店舗やイオンモール津田沼、津田沼パルコ、ミーナ津田沼、モリシア津田沼、イト...
船橋西武で船橋珈琲フェスティバル... 船橋市内で初開催!珈琲王座決定戦も 船橋市内及び近郊に店を構える7人のバリスタが一堂に会し、コーヒーの飲み比べをする「船橋珈琲フェスティバル」が10月22日、西武百貨店船橋店を会場にして行われ、約3000人が来場した。この日は、実行委員会メンバーのバリスタ7店舗による、豆、焙煎の違いを体験でき...
ぶらり、 ふなばし街歩き/第四歩:飯山満川の源流... 海⽼川の源流が滝不動の池にあることを知る⼈は多いのですが、飯⼭満川の源流はどこにあるのか知る⼈はあまりいません。その源流を探しに海⽼川の合流点から⾕筋に沿って歩いてみました。約6キロの距離です。どこまでも歩き続けますと、新京成電鉄の北習志野駅⻄側台地の崖にぶつかります。⾏き⽌まりの台地周を⾒渡します...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ