2019年04月09日 配信
東武線新船橋駅から京成線海神駅へ
 
 
海神山緑地北側と宝塚遺跡の看板   京成赤レンガ造り高架橋

 

 東武線新船橋駅からイオンモールを経由し、海神中学校の校庭の東側を左折、校庭に沿って歩くと信号に突き当ります。そこからは左方向に有名なパン屋「ピーターパン」が見えます。

 道を横切り、すぐのY字路を左折、海神1号緑地の脇を左折し歩くと宝塚(ほうづか)遺跡の看板と海神山緑地に突き当たります。海神山の小字は、かつて「宝塚」といい、戦中遺跡が発見され、平成11年度の調査で古墳時代中期の遺跡であることが確認されました。

 海神山は関東ローム層14mの上に海からの砂が約10m積もってできた山で、南の海側はなだらかですが、北側は切り立っています。北側の階段を上ると山頂にでますが、ここからの眺めは今、建物に遮られ、昔ほどよくありません。

 海神山を南側に下り、さらに坂道を下ると昭和5年頃、船橋と海神間を結んだ総武鉄道海神支線のガソリンカーが走っていた東西の道に交差します。この場所から大正時代に造られた京成電気軌道(電鉄)の赤レンガ造り高架橋が見え、ここを右折すると京成海神駅になります。

<次月は「海神念仏堂付近」になります>

文/ふなばし街歩きネットワーク 泉名敏幸

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ