2016年11月28日 配信

201612_konnichi02_main
千葉徳洲会病院 院長 加納宣康さん

幼少期から「脳膜炎」「貧血」「蓄膿症」「鼻茸」「副鼻腔炎」「赤痢」「虫垂炎」「坐骨神経痛」などたくさんの病気に悩まされ、成人するまでに実に7回は入院したという。何度も病院に通うなかで待合室の患者さんの表情を見て「自分が医者になって、こういう人たちのために働こう」と、医師を目指した。

岐阜大学医学部を卒業し、複数の病院で経験を重ね、国内外の大学で教鞭をとり、96年亀田総合病院主任外科部長・内視鏡下手術センター長・副院長を兼任。

2016年4月より千葉徳洲会病院院長。

これまでで一番記憶に残っている病気は?

医者になってからも病気に悩まされましたが、大人になってからは病気の症状も安定、仕事に専念することができるようになり「完治して丈夫な体になった」と喜び20~40代にかけてはむしろ人並み以上に働いてきました。「24時間365日休みがあったら損と思え」が私の信条。しかし、医師仲間から「そんな無茶な働き方をしていたら40代で心筋梗塞になって倒れる」と、しばしば忠告を受けていました。

40代を無事に過ごし、安心していたら2003年5月23日に53歳で心筋梗塞を発症。心臓が大砲で打ち抜かれたような衝撃に死を意識しました。治療して仕事に復帰、学会出張でインドにいる時に脳腫瘍を発症しました。放射線治療で脳腫瘍と共存しながらハードに仕事を続けてきました。亀田を退職し、千葉徳洲会病院の院長に就任したところ6月に脳出血で倒れました。新しい病院に勤務し働きづめだったのがたたったのかもしれません。

船橋の地域医療に千葉徳洲会病院の果たす役割とは?

4月に私が就任した時、施設や病院規模に対し、医師数の少なさに驚きました。

常勤医師を増やす努力を重ね、来年には医師数60~70人の体制を目標としています。これによって、当病院が保持している先進医療機器を使いこなす専門医が配備できるようになります。適正な医師数がそろうことで若い医師の指導にも力を注げます。これからの当院は良い方向に向かうと確信しております。

略歴

岐阜県出身
岐阜大学医学部卒、同大学付属病院勤務
羽鳥市民病院外科部長、岐阜大学非常勤講師、
松波総合病院外科統括部長、帝京大学講師
マハトマ・ガンジー・メモリアル医科大名誉客員教授
亀田総合病院主任外科部長・内視鏡下手術セン
ター長・副院長兼任

MyFunaの最新情報はこちらから
関連キーワード
MyFuna関連記事
介護屋みらいのよもやま話/良いケアマネジャーを探す コツって... 良いケアマネジャーを探す コツってあるの? その①  皆さま こんにちは。先月は、平成30年度介護保険報酬改定の「医療と介護の連携強化」について述べさせていただきましたが、今月は、利用者と介護サービスとの橋渡し的な存在であるのがケアマネジャーですが、良いケアマネジャーを探すコツについて述べさせてい...
障がいと高齢の福祉を考える 福祉・介護・医療の連携/「心不全...  高齢者に多い病気の一つとして挙げられるものに心不全がある。そして心不全は再入院する確率が約20パーセントと高いことでも知られている。そこで、心不全の予防はもちろん、心不全で入院した患者が再入院にならないことも目的のひとつとし、高齢者の自己管理に役立つものとしても開発したのが、稲垣先生・看護師チーム...
介護屋みらいのよもやま話/平成3 0年度の介護保険報酬改定と...  皆さま、こんにちは。先々月から介護保険報酬改定、また介護人材確保について記載させて頂きました。今月は、今回の報酬改定で打ち出されたテーマについて述べさせていただければと思います。  今回の介護保険報酬改定でケアマネジャーは報酬単価がほんの少しだけ上がりました。ケアマネジャーの自己負担導入やケアマ...
今月のピックアップ/船橋市内のオレンジカフェ...  認知症カフェはオレンジカフェとも呼ばれ、認知症の人やその家族、地域住民、専門職などのだれもが気軽に集える場で、認知症の専門スタッフに相談する事ができるカフェです。安心して出かけられる息抜きの場や、地域住民同士の繫がりを作る場として広がりを見せています。是非ご参加下さい♪ 5/20~6/30の...
介護屋みらいのよもやま話/平成30年4月の 介護報酬の改正に...  皆さま こんにちは。先月までサービス付き高齢者専用住宅についての記事を記載させて頂きました。自分の中で非常に興味関心が高かったのと、今現在全国各地でトラブルも多いので、長期間にわたって記載をさせて頂きました。  そんな中、平成30年4月から介護報酬の改定が行われて、介護事業所としては有り難い事に...
今月のピックアップ/「宅配ガイドマップ」が リニューアル... 「宅配ガイドマップ」がリニューアル  船橋市では主に高齢者を対象とした買い物支援の冊子「地域のお店 宅配ガイドマップ」をリニューアルし、3月15日から配布している。  同冊子は2016(平成28)年に初版を発行。当時、県内で初となる「宅配ガイドマップ」が完成した。高齢者福祉課が担当し、船橋市...
今月のピックアップ/船橋市内のオレンジカフェ... 認知症カフェはオレンジカフェとも呼ばれ、認知症の人やその家族、地域住民、専門職などのだれもが気軽に集える場で、認知症の専門スタッフに相談する事ができるカフェです。安心して出かけられる息抜きの場や、地域住民同士の繫がりを作る場として広がりを見せています。是非ご参加下さい♪ ...
船橋を語ろう!/第105回 船橋市立医療センター 院長  丸... 松戸徹船橋市長が掲げる「メディカルタウン構想」の中核に位置する船橋市立医療センターはどのような組織なのだろうか? 今年4 月より同センターの院長に就任した丸山氏に、組織の特徴や医療センターの役割について話を伺った。 医療センターの役割と組織の特徴を教えてください 当病院は、...
ふなばし 子ども未来予想図/佐野医院 オー・キッズ... インタビュー No.5 佐野医院 オー・キッズ 船橋南部エリアで病児保育「オー・キッズ」を運営する佐野院長に、病児保育とはどんな施設なのか伺った。 市内にある保育園・幼稚園・支援センターなど、子どもたちを見守るさまざまな施設の人に話を聞き、それぞれが描く「船橋の子どもたちの未来」を語って...
加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ