船橋三番瀬


船橋三番瀬について

船橋三番瀬
「船橋三番瀬」は、東京湾最奥部にあり、船橋市・浦安市・市川市・習志野市の四市に三方を囲まれた約1800ヘクタールの干潟と浅海域(浅い海)です。ここではさまざまな種類の魚や貝などを見ることができ、江戸時代には徳川家の御菜浦(おさいのうら)として魚や貝を献上するほどの良好な漁場でした。
また、渡り鳥の中継地として、四季を通して多くの水鳥に出会うことができます。東京湾の貴重な自然の姿を残す存在として多くの人たちに親しまれています。
 
『三番瀬』の読みは一般には「さんばん“せ”」が多いようですが、地元の古くからの発音は「さんばん“ぜ”」になります。