2017年08月14日 配信

8/14(月)14号沿いに酒と食事が楽しめる「ビストロバル ロランジェ」

夫婦二人三脚で、念願の船橋起業

lorange01  
   
   

 市役所近く国道14号沿いのビルの3階に「Bistro Bar L’Orange ビストロバル ロランジェ」(船橋市湊町2-1-22  3階、TEL 047-407-1472)が3月28日にオープンし、4カ月が経った。

 同店を経営するのは中村真也さん(42)夫婦。真也さんは都内の洋食レストランやバーで約10年の経験を積み重ね、その後、運送業に転職。「自分のお店を持ちたかったので、まずはお金を貯めようと思って2、3年のつもりで転職しました」と、振り返る。「店舗向けのいい物件がなかなかなく、タイミングも合わず、気づいたら10年間も運送会社で働いていました」と中村さん。

 中村さんが新鎌ヶ谷に住んでいることから、馴染みがあって人の集まる船橋を中心に半年前から物件を探し、開店に至った。妻のみづほさんは「ここまで時間がかかるとは思っていませんでしたが、ようやく独立できて嬉しいです」と話す。

 約15坪の店内には、カウンター席6席とテーブル席12席を設置。「二人ともオレンジ色が大好きなので、まず椅子の色をオレンジに決めました」とみづほさん。床と壁紙は落ち着いたダーク系の色を使用し、昼は明るく、夜は大人の雰囲気になるよう演出。店舗入り口にはみづほさんの従姉妹が作成したという素焼きのタイルが飾られている。 

 最初店名は、シンプルにオレンジという名前にする予定だったが、同じ名前の店が近くにあったことからフランス語で「大きなオレンジ」という意味の「ロランジェ」と名付けた。オレンジと鍋をイメージしたロゴマークは、真也さんのデザインだ。

 メニューは「お酒と食事を楽しめて居心地のいいビストロバル」をコンセプトに「さつまスティック」(390円)、「クリームチーズの西京漬け」(390円)、「サワチリポテトフライ」(500円)など手軽につまめるメニューをそろえる。グリル料理は「ラムの香草焼き」や「牛肩ロース」(580円~)など。少しだけ肉が食べたい時におすすめという「オヤジの串焼き(カシラ・鶏ハツ・砂肝)」(1本130円)はバジルソースで提供、そのほかピザやパスタも用意する。

 ドリンクメニューは「ハートランド」の生ビール(390円)や、店舗販売はしていないという珍しいワイン(ボトル1900円~)、ウイスキーなどの他、ジン、ウォッカ、テキーラ、ラムベースのカクテル(390円~)が約30種そろう。

  「予算に合わせて飲み放題付きのパーティーメニューも対応します。お一人でも家族連れでも気軽に来てほしい」と中村さん夫婦。

 営業時間は11時45分~14時(平日のみ)、17時半~23時。金・土・祝前日は24時まで営業。日・月曜定休。貸し切りの場合は日曜も営業。

lorange02 lorange03
みづほさんの従妹が制作したタイル  
lorange05 lorange04
lorange06 lorange08
   

 

 

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ