2017年05月07日 配信

5/7(日)GWの鎌スタに恐竜が登場
「鎌スタ☆恐竜王国」が7日まで開催

img_003  

 ファイターズタウン鎌ケ谷(鎌ケ谷市中沢459、TEL 047-446-5586)で5月5日から3日間、「鎌スタ☆恐竜王国」が開催され、球場内に「恐竜迷路」や「巨大恐竜バルーン」「飛び出す3D恐竜展」などのアトラクションが設置されているほか、ステージイベントなども開催されている。

 ステージイベントには恐竜博士が登場。博士が「実験を重ねた結果、恐竜の卵の孵化に成功した」と、舞台に恐竜を連れて来ると、子どもたちから歓声が上がった。

 「みんなも恐竜に触ってみよう!」との博士の呼び掛けに、多くの子どもたちが恐竜を囲んだ。浦安市から来場した4歳の男児は、「少し怖かったけど、触ってみたかった。勇気を出して恐竜に近づいた」と話した。「目が怖かったけど、ずっと触っていたらかわいいと思った」と、つかの間のふれあいを楽しんだ様子だった。

 同イベントはGW期間中の7日まで開催予定。また、7日の試合終了後には、恒例となる「ふれあいイベント」も開催。選手とのキャッチボールや写真撮影のほか、ジャパントップリーグのラグビーチーム「NECグリーンロケッツ」の選手たちによるミニラグビー教室も行われる。

 5日の試合は、対ライオンズ3連戦の初戦となり、ファイターズ・上原健太投手、ライオンズ・誠投手の両先発でスタート。1回裏、先頭打者 岡 大海選手が四球で出塁すると、ライオンズ守備の乱れをついての走者生還、1点の先制に成功、1-0とした。

 先発の上原投手、2番手のマーティン投手は共に好投、4回までライオンズ打線を無失点に抑えていた。しかし5回表、3番手で登板した高山 優希投手の押し出し四球で同点とされると、終盤8回表にはライオンズ・大崎雄太朗選手のタイムリーなどで3点を献上、1-4と逆転を許すこととなった。ファイターズ打撃陣は9回を投げ抜いた誠投手に反撃かなわず、1-4のままゲームセット。GWの3連戦は黒星スタートとなった。

img_001 img_002
恐竜博士のステージ 恐竜に触る子どもたち
img_004 img_005
先発・上原投手は3回無失点 渡邉諒選手はこの日2安打
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ