2016年11月10日 配信

11/10(木)市民文化ホール近くに韓国料理専門店「韓流亭」

韓国出身の夫婦が本場の味を提供

kanryutei01 kanryutei03

 船橋市民文化ホール近くに韓国料理・焼肉「韓流亭」(船橋市本町2-3-5、TEL047-404-3908)が10月14日オープンした。

 同店のオーナーは韓国出身のキム・ホンヒルさん夫婦。キムさん夫婦は20年前に来日し、羽田空港やパルコなどの韓国料理店で働きながら、いつか自分たちのお店を日本でもちたいという思いを胸に秘めていた。船橋に住んでいる知り合いから店舗を紹介してもらい、長年の夢であった韓国料理店をオープンした。

 店名に日本人にも馴染のある「韓流」の二文字を使い分かりやすさを強調。13坪の店内には、テーブル席24席を用意。「とにかく清潔感があって明るいイメージにしたかった」という店内は、茶色の木目とレンガ調の壁紙を使用し、ゆっくりくつろげる空間を演出する。

 キムチやナムルはもちろんのこと、焼肉のタレやドレッシングまで自家製で作ることにこだわる。唐辛子や朝鮮人参などの食材は、農業を営んでいるキムさんの実家から送ってもらったものを使用し、より本場の味に近づけている。

 ランチメニューは「半鶏湯」(1080円)、「ユッケジャン」(950円)、鉄板で提供する「プルコギ鉄板焼き」(1050円)や「チーズダッカルビ」(950円)など約15種類。ランチにはライス、おかず3品、サラダ、スープをセットにする。

 ディナーメニューではカルビ(950円)、タン塩(980円)、サンチュやサラダがセットになった「サムギョプサルセット」(1480円)、チョレギサラダ(750円)、ナムル盛り(850円)などの単品メニューの他、宴会コース(2500円、3000円、3500円)も用意。

 焼肉はテーブルにセットされた韓国から取り寄せた鉄板で焼くスタイル。「鉄板だと熱の伝わり方がいいので、美味しく焼けます」とキムさん。「本場の韓国料理を是非味わってほしいです。気軽に来てください」と笑顔で話した。

 営業時間は、11時~15時、17時~23時。日曜日は夜のみ営業。無休。

kanryutei02 kanryutei04 kanryutei05 kanryutei06 kanryutei07

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ