2016年10月23日 配信

10/23(日)船橋のロバートソン夏妃さんがミスワールドジャパン準ミスに

昨年は特別賞、ミスオイスターのダブル受賞

roba-tosonnatuki

船橋市出身の女性ロバートソン夏妃さんがミスワールドジャパン2016日本大会で準ミスワールドジャパンを受賞したことが分かった。

夏妃さんは、5歳まで夏見に住み、コスモス幼稚園の年少が終わる頃にオーストラリアのシドニーに移住。在豪の10年間は12月に帰国、特別許可をもらって八栄小学校で授業を受けることもあったという。

高校生になる頃には単身帰国。母の友人家族宅にホームステイし、都立国際高校を卒業。早稲田大学教育学部4年生在籍中にミスワールドジャパン2015日本大会にエントリー。特別賞とミスオイスター賞をダブル受賞した。卒業後は、芸能事務所に所属、女優として短編映画やCMに出演している。

夏妃さんが幼い頃、スコットランド人の父は、船橋市を拠点に英会話の教師とし勤務していた。親日家で合気道5段の猛者。現在はシドニーに道場を持ち後進の育成に努めている。船橋に住んでいた頃も合気道の先生として道場通いをしていたという。

「子どもの頃に訪れたアンデルセン公園が好き。自然がいっぱいで、ワンパク公園で遊んだのを覚えています」と、船橋の魅力を話す夏妃さん。

今でも月に一度は船橋にやって来て幼稚園時代の友人に会っているという夏妃さん。「一人でもふらっとやって来て駅周辺を散策して、よく駅前の栄華光で肉まんを買って帰りますよ」と、笑顔を見せる。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ