2016年10月10日 配信

10/10(月) 「第10回御菜浦・三番瀬ふなばし港まつり」

五感で楽しむ船橋の海のお祭り

16minato01.JPG

「宮本おやじkids」の演奏

船橋漁港周辺で、10月8日、「第10回御菜浦・三番瀬ふなばし港まつり」が行われ、あいにくの雨模様にも関わらず、大勢の来場者でにぎわった。

第1会場が船橋港親水公園(船橋市浜町2)、第2会場は船橋漁港内(船橋市湊町3)という2つの会場を使って行われる同祭り。開始時刻である午前10時には、時折小雨が降るという空模様だったが、会場には傘を片手に多くの来場者の姿があった。しかし16時まで開催の予定だったが、13時頃から風雨が強まり、この日はやむなく途中で取りやめとなった。

「食べて美味しい、触って楽しい、買って嬉しい 五感で味わう、船橋の海」のキャッチフレーズのとおり、会場では船橋の海で水揚げされたホンビノス貝やスズキを味わえ、特設の「東京湾水族館」で東京湾の生き物を見たり触ることもできるようになっていた。

また船橋産の農水産物や、ふなばしセレクションの販売、漁船やヨットでのクルージング体験、船橋漁港をバックにした地元団体による音楽演奏やダンスなど、船橋の海を満喫できるイベントとなっていた。

実行委員の半田晶子さんは、「三番瀬は江戸時代から御菜浦(おさいうら)と呼ばれ、将軍家の台所の役割をするほど豊かな海。現代は街に押されているが、船橋の豊かな海の魅力をこの機会に知ってもらい、海を中心に船橋が栄えたらと思う」と話す。

第1会場の船橋港親水公園では、屋外ステージを中心にして、左右にたくさんの出店があり会場をいろどった。

ステージでは湊町小学校や中学校の吹奏楽部の演奏やこども和太鼓の演奏。10周年特別企画のひとつとしてアルゼンチン出身のプロ演歌歌手・大城バネサさんが女漁師姿で登場し、小雨が降るなか、熱唱した。

そのほか特別企画に「ホンビノス貝と殻つき落花生のつかみどり」というものも。出店の中には海上保安庁が子ども向けに行う「制服を着て記念撮影」というブースもあった。

第2会場では、船橋の農水産物を販売する出店のほか、船橋にゆかりのあるバンドによる路上ライブが行われた。

また、船乗り場からはヨットや漁船「太平丸2001」に乗って、三番瀬や貝殻が自然に堆積してできた貝殻島を海から見学できる、という催しも。
八千代市から夫婦で訪れた国西健史さんは「知人からこのイベントを教えてもらって来た。ヨットに乗るのは初めてで貴重な体験ができた」と笑顔で話した。

16minato05.JPG

大城バネサさん熱唱

16minato07.JPG

東京湾の魚に触らせてもらえる

16minato02.JPG

ヨットでクルージング

16minato08.JPG

海上保安庁も出店

16minato10.JPG

満席の「太平丸2001」

16minato09.JPG

湊町小学校吹奏楽部

16minato06.JPG

東京湾水族館

16minato04.JPG

「ダイサン」のすずきのから揚げ

16minato03.JPG

西船「平野農園」の新鮮野菜

 

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ