2016年07月31日 配信

7/31(日)「ジュゴン」で「船橋のなしマカロン」完成

「船橋のなし」を使った新マカロン

macaro.jpg

新京成線二和向台駅から二和向台商店会を抜け、やまびこ保育園隣にあるマカロンの専門店「パティスリー・ジュゴン」(船橋市咲が丘2-11-3、TEL 047-407-2056)で現在、「船橋のなし」を使った新マカロン「船橋のなしマカロン」(1個210円)の販売を開始した。

これまでも梨農家から直接、梨を使ったマカロンの開発の提案はあったが、梨は水分が多いことなどからスイーツに使うのが難しく採用してこなかった。しかし今までのマカロンのラインナップに加え、本場フランスの彩り豊富なマカロンの新シリーズ「フランスシリーズ」を現在展開していることもあり、「船橋のなしマカロン」作りに着手したという。

生地には梨汁を少々入れ、クリームには「船橋のなし」の「幸水」のピューレとフランス産のラフランスも使用、ホワイトチョコレートを使って仕上げている。「梨は水分が多く、そのままではクリームが水っぽくなり生地をやわらかくしてしまうので、クリームが生地にしみ込みすぎないように工夫した」と店長の内田慶三さん。

生地は上下で色を変えることで何種類もある梨の色を表現し、ザラメを表面にまぶすことで梨の皮に似せたという。

「船橋のなしマカロン」販売は梨の季節期間限定。

営業時間は10時~18時。日曜・月曜定休。

DSC_2556.JPG 160731jigon02.jpg

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ