2016年07月24日 配信

7/24(日)平成28年度版「船橋の台所事情」発行

市役所や公民館などで無料配布

daidokoro01

ふなばし産品ブランドPRキャラクター「目利き番頭 船えもん」が表紙となった「平成28年度早わかり 船橋の台所事情~これであなたも予算ツウ~」の閲覧・配布が7月1日から開始した。

この冊子は、市の予算や財政状況について多くの市民に興味を持ってもらいたいという目的で3年前から発行を始め、今回で3冊目。発行部数は5,000部。同冊子は22ページの構成で、船橋市の予算を図やグラフを利用してわかりやすく説明したもの。「予算の基礎知識」から始まり、予算構成を家計簿に見立てた「船橋市の家計簿」や「平成28年度予算の主要事業」「船橋市の財政状況」などが掲載されている。

「なるべく分かりやすいように心がけていて、新入社員に目を通してもらったりもしています」と企画財政部財政課の小澤洋一さん。今年度版では新たに、社会保障関係経費や基金(貯金)など専門的で複雑と思われがちなテーマを分かりやすく解説している。基金については、平成29年4月から稼働予定の北部清掃工場の建設費が多額になるため、今年度は基金を取り崩して建設費に充てることの説明や、平成27年3月末に新しく設置された文化振興を図るための文化振興基金についても説明されている。

また市の財政状況が健全かどうか見極めるため、ほかの中核都市と比較したグラフも掲載している。「国が定めた基準でほかの中核市と比較しても、船橋市の財政の健全性は保たれていることがわかると思います」と企画財政部財政課の小澤さんと佐々木さん。

「今後、市民のみなさんがどういうところを知りたいか、要望もきいて参考にしたい」とも。

同冊子は市役所9階財政課、フェイスビル5階の船橋駅前総合窓口センター、各出張所や公民館で無料配付しており、各図書館や市のホームページからも閲覧可能。

記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ