2016年07月13日 配信

7/13(水)船橋市最大の夏祭り「ふなばし市民まつり」

今年は7月22日からの3日間

160713siminmaturi03.jpg  
   

 船橋市は、船橋駅周辺を中心に中山、習志野台、二和向台にも会場を設け7月22日~24日・27日、船橋最大の夏祭り「ふなばし市民まつり」を開催する。

 
 同祭りは船橋市の主催するものでは最大規模のイベント。船橋駅周辺、中山、習志野台、二和向台の各会場とも趣向を凝らした催しを予定している。例年、各会場合わせて50万人以上の来場者が訪れる。

 初日の22日にスクエア21市民ギャラリー(船橋市本町2-2-1 3F)で開催するのは「めいど・いん・ふなばし」。市内の工業紹介やものづくり体験、クイズラリーなどが行われる。

 23日は本町・宮本通りを通行止めとし、フリーマーケットや模擬店などが並ぶ「ジョイ&ショッピングフェア」を開催。

 23日と24日には「ふれあいまつり」があり、中山会場では駅前の通りを歩行者天国にして縁日やライブ、ゲームなどを、習志野台会場ではフリーマーケットやハワイアンバンド、お休み処などを開催する。

 

 二和向台会場では商店会販売コーナーや、和太鼓演奏、抽選会などを開催。船橋会場は24日のみで、みこしのゆすり込みや山車、船橋の伝統芸能「ばか面踊り」や民謡パレード、ダンスライブなどが行われる。

各祭りの開催日時は以下の通り。

「めいど・いん・ふなばし」=22日~24日 10時~17時。

「ジョイ&ショッピングフェア」=23日 11時~16時50分。

「中山会場」=23日・24日13時~20時

「習志野台会場」=23日 18時~20時、24日 12時~20時

「二和向台会場」=23日 15時~20時、24日 12時~20時

「船橋会場」=23日 10時45分~20時

 また、祭りのフィナーレとなる「船橋港親水公園花火大会」は7月27日に開催を予定。今年は「ふなリンピック~一夜限りのスポーツの祭典」をテーマに、水泳や球技、格闘技などをイメージしたものや、開幕の聖火リレーや表彰台の頂点にのぼるシーンを花火で演出。打ち上げ花火や小型煙火、絵仕掛け花火など約8500発を予定している。

 花火の時間帯は19時30分~20時30分。小雨決行、荒天時は28日に延期。有料席は、親水公園側=一席2000円(前売り券完売、当日券のみ)、漁港側=一席1000円(前売券あり、当日券)。当日券は当日の12時から販売。

 各会場詳細と問い合わせはふなばし市民まつり実行委員会事務局(TEL 047-436-2473)まで。

160713simimaturi06.jpg 160713siminmaturi02.jpg
160713siminmaturi04.jpg 160713siminmaturi05.jpg
160713siminmaturi07.jpg 160713siminmaturi01.jpg
記事の場所
関連キーワード
情報スクランブル

情報スクランブルの記事一覧へ

加盟店・店舗ブログ

加盟店・店舗ブログ一覧へ